“食べる花”で、雇用を生みたい。

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 地域社会に貢献する企業や、永続的な社会環境を創出するための取り組みが、さまざまな場所で行われています。

 そのためには、今までの価値観や仕事環境からだけでなく、もっと地域や住まい環境を見渡し、その中から、新しいビジネスモデルを生むことはできないか?

 未来の日本にも誇れるような、そんな仕組みづくりを探し、多くの人々が、日夜努力を続けています。

 有名なのが、徳島県上勝町の『葉っぱビジネス』。食用花の栽培・加工を担うのは地元の中高年の女性たち。地域の「おばちゃん・おばあちゃんパワー」を活用し、年間年十億という利益を上げ、人々の暮らしと生きがいを、新たな仕組みで支えています。

 同じように、自然環境に恵まれたこの地域で、食用花そのものを、食品メーカーや有名レストランに販売する食材ビジネスへと事業領域を広げているのが、有限会社エヌ・イー・ワークスです。

■食用花で、障碍者のための雇用を増やす『美楽(みらく)』
http://www.mi-raku.com/

■有限会社エヌ・イー・ワークス
http://www.new-works.jp

 地域で採れた花を押し花にして、それを、クッキーなどのお菓子に加工し、見た目も美しく、食べても美味しいお菓子を創りだしています。

 『美楽(みらく)』と呼ばれるお菓子た、押し花を加工したさまざまなアイテムは、取扱店舗も増えてきました。

 障碍を持たれる方が、地方の環境を活かしながら、自ら働いて、生活していく基盤を整えること。

 こうした取り組みも、企業が社会貢献を謳う中で、大きな役割を持っているのだと思います。

 なにげなく過ごしている身の回りを、一度、ゆっくり見まわしてみてください。

 気付かなかったところに、人のために役立つヒントが、今の悩みを解決するきっかけが隠れているかもしれません。

※参考資料:
『美楽』
〒699-1511島根県仁多郡奥出雲町三成661番地7
TEL:(0854)54-2828 FAX:(0854)54-1388
http://www.mi-raku.com/store/

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする