横移動車いす『サイドウェイ』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 車いすにもいろいろな種類があります。

 レース仕様の車いす、各パーツがすべてカスタマイズできる超高級車いす、カラフルな色合いで自分らしいアイテムとなる車いすなど・・・・。
 障碍の程度に合わせた機能や効率ばかりを重視したものばかりではなく、趣味や嗜好を重視したものも多く出ています。

 自らの運動機能として毎日使用するものですから、使用者の個性に合わせたカスタマイズが可能なことはとても重要だと思います。

 オリジナリティあふれる仕様が可能な車いすですが、さらに画期的な車いすが登場しました。
 フランスベッド株式会社から発売された、横移動が簡易にできる「サイドウェイ」です。

◆横移動車いす『サイドウェイ』
http://www.francebed.co.jp/interior/news/log/eid173.html

 車いすの座席部分の脇にアームレバーが設置されています。
 それを引き上げると、車いすの車輪が浮きあがり、なんと、車いすの車体事態が前後左右、斜めなど、全方向に向けて移動できるのです。

 なんと、車いすで横歩きができる・・・!
 この画期的な技術は、現在、特許出願中です。

 車いすで横移動ができると、何が便利になるのか?

◆1:車いすに座ったまま、ベッドサイドへ、横移動でラクにつけられる。
そのまま、腕の力でベッドにすっと移ることができる。

◆2:トイレやエレベーターなどの狭い場所で、目的位置までラクに移動できる。

 充分なスペースが取れない場所では、どうしても、何度も切り返しを行う必要があります。そうした際に、前後しか動きができない車いすの場合、非常に時間がかかってしまっていました。

 今までは、介助者が器具を使用して横移動させることができました。

 しかし、『サイドウェイ』の場合、障碍を持たれる方自らが、自分の力でアームレバーを外し、スムーズに横移動できるので、今までのような切り替えしの動作をしなくて済みます。

 車を路肩に駐車する際に、横移動ができるのを想像すると・・・随分、ラクになるのが分かりますね。

 その他にも、大車輪やフットサポートを取り外すことができるため、レストランや部屋では、スペースを取らない『キャスター付きの椅子』にもなります。

 『サイドウェイ』は、障碍を持たれる方の視点から開発された商品で、搭乗者がより快適に生活の行動範囲を広げることができます。

 これからも、こうしたアイテムがもっともっと増えていくといいですね。

※参考資料:
『サイドウェイ』
http://www.francebed.co.jp/interior/news/log/eid173.html

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする