脳と感覚を育てる!『簡単運動』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 なんだか気分がすぐれないとき、何もやる気が起こらないとき。
 そんなときにどうやって気分転換していますか?

 とにかく眠って体力を温存する、好きな映画を見たり、本を読むなど・・・ちょっと現実から逃避する方法もありますね。
 それだともちろん、心がリラックスして、新たな気持ちでやる気が沸いてくることでしょう。

 でも、どうしてもやらなければいけないときや、朝起きて、家をでなくてはいけないときに、そうやって解決していては、『逃避』行動になってしまいます。
 周りにも迷惑をかけるし、自分で自分がいやになってしまいますよね。

 そんなとき、どうするか?

 答えは簡単、誰でも、いつでも、できるんです。
 世の中の天才と言われている人も、やっているそうです。

 それは・・・・『体操』。

 「これをすると、ああ、今日はでかけたくないな、仕事がいやだなって思っていたのが、ぐぐっとやる気がでて、『やるぞ!』って気分になるのよ」と、世界的クリエイターの石岡瑛子さんもおっしゃっていました。

 幼稚園から、体操の時間があるのは、人間の身体と心理の相互関係を鍛錬するために、学んでいたのかもしれませんね。

 発達障碍をお持ちのお子さんも、気持ちを整えたりするのにも、体操はとてもよいものだといわれています。
そうした体操を集めて本にしたのが、『ちょっとしたスペースで発達障がい児の脳と感覚を育てるかんたん運動(合同出版)』です。

 障碍を持たれるお子さんに必要なのは、苦手さを熟知した指導者が、スモールステップで、自分の身体と付き合うことが楽しいと実感できることです。

 いつでも、どこでも、少しのスペースでできる、適切な運動。
 中には、バランスボールを取り入れたりして、興味が沸くように工夫されています。

 発達障碍児の運動指導に携られた指導経験をもとに、子どもたちが取り組みやすい運動課題を 200種も紹介しています。

 身体を動かして、精神に問いかける。

 200種類の中には、自分に合う運動や、こういう気持ちのときに効果的など、効果蓄積もできそうですね。

※参考資料
『ちょっとしたスペースで発達障がい児の脳と感覚を育てるかんたん運動』
森嶋 勉 著 太田篤志 監修
サイズ:182mm×257mm
136ページ 1,600円
http://www.godo-shuppan.co.jp/products/detail.php?product_id=343

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする