カタツムリについて

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第88回

 今回は、カタツムリについて。

 みなさん、こんにちは。

 いかがお過ごしですか?やっと、春めいてきましたね!

 ということで今日は美容のお話。

 今やすっかりK-POPや韓流ドラマで市民権を得たお隣の国、韓国。私も国内にもたくさん友達がいますし、何度も渡韓し、大好きな国のひとつでもあります。

カタツムリPhoto by BONGURI

のびのびと…

 そして昨今、韓流タレントを超えて、日本人の心にささっているのが美容大国韓国ということ。

 中でも最近は毒蛇エキスや蜂毒などポイズンビューティ。毒蛇はシワ対策などアーリーアンチエインジングからアンチエイジングの分野で、蜂毒は抗殺菌などの肌対策にとのことなのでそれぞれ用途に合わせてお使いあれ。

 そんな中で年齢も問わす、幅広い美容ニーズに答えているのがカタツムリエキスのスキンケアライン。EGFと共に作られている商品から石鹸、シートパックなどのプチプラ商品までラインナップも年齢層の幅に合わせて大々的。おそらくこのカタツムリエキスについてはブームに留まらずこのまま、定番化していくのではないか?というのがトレンドウォッチャー達の見方でもあります。

 が、みなさん、どうですか?カタツムリの化粧品・・・中にはカタツムリのアレルギーがあって使えないという方もいらっしゃるようなのですが、精神的に無理という方も結構いるそう。カタツムリ化粧品には男性用のものもあるのですが男性なども無理だという人いるそうです。

 因みに私もそんな1人でいまだ顔にはつけられず手などボディまでで留まっているのですが、でも一般に言われている効果を見るとやはりフェイスにも・・・という気持ちにならなくもないんですよね。因みにどんなものが含まれているかというと・・・

  • プロテアーゼ(たんぱく質分解酵素)、フィブリン溶解酵素・・・古くなった角質・垢を分解し、汚れや老廃物を取り除いたり、血液の循環に作用して栄養豊富な肌にする作用
  • コラーゲン、エラスチン・・・肌のハリと弾力性を維持する作用
  • コンドロイチン(ミュシン)・・・肌水分を維持し、保湿する作用
  • グリコール酸・・・ピーリング作用
  • アラントイン・・・傷修復作用やかぶれ・肌荒れなど、お肌への刺激等を緩和する作用

などなど。
確かに幅広い年齢層の肌のお悩み解決に合致する作用が含まれてますし、ある種万能といえるくらいのパワーです。

 さてみなさんはいかがでしょうか?先日、韓国のお土産に貰ったかたつむりエキスのパックがあるので私はフェイスデビューしてみようかなと思っています。

飯野耀子 NPO法人日本ハーブ振興協会主席研究員、Beauty Park編集局編集長
元AllAbout食育ガイド。健康管理士、薬膳料理指導員、
食育指導士など多数の資格を保有。FANCL発芽玄米粥の監修も務める。
著書に『キャロットパワーdeビューティ&ダイエット』(講談社)
『夜トマトダイエット』(ぶんか社他、台湾版、中国版、韓国版)
『合格への食卓』(扶桑社)がある。飯野耀子公式サイトはこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする