情報バリアフリーの理解を助ける用語集

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 障碍やバリアフリーについて、何かお手伝いできることはないかを考えたり、提供できるサービスメニューを企画するために、さまざまな書籍を読むことがありますよね。

 問題はどこなのか、何が原因なのか。解決すべきなのは何なのか?

 それを知るためには、現状の障碍を持たれる方の環境や、政府や自治体の取り組んでいる現状を知ることからはじまります。

 そんなときに便利なのが、『情報バリアフリーの理解を助ける用語集』です。

■情報バリアフリーの理解を助ける用語集
<障碍に関する用語>
http://barrierfree.nict.go.jp/glossary/index.html

例えば、『スイッチ』という用語について、

【22. スイッチ】
スイッチとは、キーボードやマウスの操作が困難な肢体不自由者が、手足で押したり触れたりしてコンピュータ等に信号を送る装置である。1つまたは複数のスイッチを操作することにより、画面に表示されたソフトウェアのボタンを選択したり、選択領域を移動することができる。
身体の動かせる箇所に応じて利用できるよう、スイッチには手足で押すものだけでなく、息を吸ったり吐いたりして動かすもの、まばたきや眼球の動きを検知するものなど様々な形態がある。(「情報バリアフリーの理解を助ける用語集:障碍に関する用語」より)

 電気のスイッチを入れるモノについての解説ですが、読み進めるうちに、新たな知識が加わります。障碍を持たれる方のためには、息を吹きかけたり、眼球を動かすことで、スイッチとなる機器が存在することを伝えています。

 同じように、情報バリアフリーのための情報提供サイトには、用語集の他にもさまざまな情報が揃っています。

■情報バリアフリーのための情報提供サイト
http://barrierfree.nict.go.jp/glossary/index.html

 こうした情報サイトを活用して、新しいアイデアをリリースしていくこと・・・。
 社会が連携して、豊かになっていくための仕組みのひとつですね。

※参考資料:
■情報バリアフリーの理解を助ける用語集
<障碍に関する用語>
http://barrierfree.nict.go.jp/glossary/index.html

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする