生まれ持った力。『アウトサイダー・アート』の世界

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 画面を無造作に駆け回る、荒くれた筆致。
 ひとつひとつの形が躍動感ある円形となり、画面から今にも飛び出しそうな姿。

 有名な作家の作品ではなくても、ひと目みただけで、心にぐっとせまるものがある・・・。
 そんな作品の素晴らしさを堪能できるのが、『アウトサイダー・アート』です。

 『アウトサイダー・アート』とは、障碍を持たれる方が手がけた、絵画や彫刻などといったアート作品のことをいいます。

 日本の『アウトサイダー・アート』は、世界でも注目度が高く、2010年は、ヨーロッパで展覧会も開かれました。

 また、最近では、滋賀県の近江八幡の『ボーダレス・アートミュージアムNO-MA』で、『日韓合同企画展「Art Brut in Japan and Korea 日/韓 行き交うところ』と題して、韓国と日本の合同展覧会が開催されています。

■『日韓合同企画展「Art Brut in Japan and Korea 日/韓 行き交うところ』
http://www.no-ma.jp/exhibition/dt_49.html

■『ボーダレス・アートミュージアムNO-MA』
http://www.no-ma.jp/

 2010年に、パリ市立アル・サン・ピエール美術館で開催された『アール・ブリュット・ジャポネ』展では、のべ12万人が来館。

 日本の『アウトサイダー・アート(アール・ブリュット)』が、国内だけでなく、ヨーロッパで賞賛されたことで、アジア地域で注目度が高まるきっかけになりました。

 そこで、韓国より、日韓それぞれの国で育まれてきた個性あふれる『アール・ブリュット』の魅力に触れる共同企画が持ちかけられます。

 滋賀県を発信源とした『アール・ブリュット』への取組みを、国境を越え、アジア地域全体に広がる様子を体感できる企画展です。

 そこに何が書いてあるかなんて、本当は、必要なにのかもしれません。

 何を感じて、何を思うか、何が心に残って、そこから、何をはじめるのか。

 障碍を持たれる方が放つ、アートへの衝動を、感じてみてはいかがでしょうか。

※参考資料:
『日韓合同企画展「Art Brut in Japan and Korea 日/韓 行き交うところ』
開催場所:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
会期:2012年1月21日(土)~3月11日(日)
開館時間:11:00~17:00
休館日:月曜日(ただし、祝祭日は開館し、翌日休館)
観覧料:一般300円250円) 高大生250円(200円) 中学生以下無料
※障害のある方と付添者1名無料
※( )内は20名以上の団体料金
※詳しくは、直接お問い合わせください

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする