『サウンドテーブルテニス』をご存知ですか?

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『サウンドテーブルテニス』とは、以前盲人卓球として行われていた、視覚障害をお持ちの方の競技です。

 双方のエンドラインとサイド(60cm)に、『フレーム』とよばれる『枠』を取り付け、ある程度までのボールの落下を防ぎます。

 『フレーム』で囲まれた、競技者側のエリアで、プレーを行うようにします。

 卓球の球の中に、金属粒が入ったボールを用い、ボールがテーブル上を転がることで出る『音』を頼りに、打ち合う競技です。

 歴史的には、1930年代にスタートしたといわれています。

 栃木県足利盲学校で行われていた記録がありますが、他にも、各地で、いろいろ形でこの『サウンドテーブルテニ(盲人卓球)』が行われていたようです。

テーブルの周囲すべてを『フレーム』で囲んでいたもの、
峠のように台の中央を高くして、ボールの速度を加減させていたもの

 など、当初は、形状はひとつに絞られていませんでした。

 その後、徐々に統一が進み、以前は2つの台を合せて使っていたため、どうしても中央でボールがはねることがあったものも、現在は1枚板状のテーブルで行われています。

『サウンドテーブルテニス』
http://jatvi.web.fc2.com/

 今では、毎年、国体の直後に開催される「全国障害者スポーツ大会」の種目として採用されています。

 また、日本障害者卓球連盟による『全国視覚障害者卓球大会』や、各ブロック大会なども盛んにおこなわれています。

 通常は、競技規則として、アイマスクをして競技します。

 強度の弱視者など、普通の卓球はむずかしくても、『サウンドテーブルテニス』であれば、力を発揮できるという競技者も増えてきました。

 近年はアイマスクをしない競技なども、ルールなどを調整して、幅広く行われるようになっています。

 世界各国で、自然発生的に『サウンドテーブルテニス』的な競技が発生したため、実は、いまだ、世界共通の『視覚障害卓球』にはなっていないのが実情です。

 日本障害者卓球連盟では、将来、国際大会に発展させたいと希望を持ち、活動に取り組んでいます。

 是非、みんなで応援しましょう!

※参考資料:
日本障害者卓球連盟
http://jatvi.web.fc2.com/

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする