白球に想いを込めて!『日本身体障害者野球連盟』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スポーツなどをして、身体を動かすのは、とても気持ちがいいですね!

 ランニングやアーチェリー、ゴルフなど、自分一人で楽しむスポーツもとても楽しいのですが、大勢の仲間とともに力を合わせて試合に臨むスポーツは、格別なものがあります。

 卓球やテニスの『ダブルス』といったペアで戦う競技は、それぞれの相性もあり、まるで夫婦や兄弟のような関係で、お互いをフォローし合い、高め合いながら試合に取り組みます。

 それ以外の、バスケットボールやサッカーは、グループとなって、それぞれが役割を果たしながら、相乗効果を高め合い、試合を構築していき、2人とは違ったメンタルやコミュニケーションが生まれています。

 中でも、野球にご注目ください。

 バッターボックスでは一人。
 ピッチャーが投げるときは、一人。
 でも、守備のコンビネーションや、投手連携などで、チームとしての勝ち負けを競う、総合競技です。

 障碍をお持ちの方にも人気が高く、野球チームへの参加者が後を絶ちません。

 全国の障碍をお持ちの方が所属している野球チームを束ねているのが、『日本身体障害者野球連盟』です。

◆『日本身体障害者野球連盟』
http://www.portnet.ne.jp/~ciwasa30/index.htm

 『日本身体障害者野球連盟』は、野球の普及振興を図り、障碍をお持ちの大人や子供(児童)の健康維持増進と社会参加の促進に寄与する競技団体です。

 日々の訓練で身体を鍛え、グループで集まった際のコンビネーション練習で、チームメンバーとのボールのやり取りを楽しみます。

 全国で展開する野球チーム同士での野球大会も充実しており、その中で、毎年の成果を競い合い、切磋琢磨しながら、野球という競技を楽しみ、健康増進に取り組んでいます。

 もちろん、お持ちの障碍の内容で、得意不得意な部分がでてきますが、それは、チームメンバーと話し合いを重ね、誰もが、明るい笑顔で、自らが十分に力を発揮し、より良い成果をあげるべく努力をしています。

 多くのプロ野球選手も『日本身体障害者野球連盟』を応援し、活動に対して、多くの援助や声援を送っています。

 今度の週末は、練習を見に行ってみませんか?
 元気な声をかけあっている、皆さんの姿に出会うことができるはずです。

 ばちこーい!ばちこーい!

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする