相乗効果で、さらに快適!『車いす用クッション』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デスクワークが多い事務系の方は、椅子に座って作業するので、外まわりの営業職の方からみると、一日中、座っていられるので、体力的に楽なのではないかと思われがちです。

 しかし、一日中同じ姿勢でいることは、一日中、歩いたり、走ったり、階段を上がり降りしたりしながらしている方が、身体をバランスよく動かすことができ、骨格的にも身体によいといわれています。

 姿勢が悪かったり、歩くことがほとんどないと、姿勢がくずれ、ひいては、内臓の位置のバランスにも影響を及ぼし、内臓疾患などの原因になることも、少なくありません。

とても激しい運動・・・。

 毎日、走り続けているとか、一日中、重いものをもっているというような極端なことがないか限り、できれば、歩いたりするような移動行為を盛り込みながら、一日を過ごす方が、健康的には良いでしょう。

 しかし、現代では、事務系の仕事だけではなく、パソコンを使ったデスクワークが避けて通れないのが実情です。

 仕事に集中すると、企画書を仕上げるまでの4時間くらい、ずっと椅子に座りっぱなしで、同じ姿勢を取り続けていたなんてことは少なくありません。デザイナーや、IT系のシステムワークをされている方などは、特に、そうでしょう。

 なるべく途中で立ち上げるなどの運動をして、筋肉や骨に刺激を与えることが大切です。

 同じように、下肢に障碍をお持ちの方の場合、車いすで生活する時間が多く、寝ていたり、車を運転したりするとき以外は、同じ姿勢を取っています。

 そうしても、同じ力が、同じ場所に、同じ方向性でかかることになり、長時間、また長い間の積み重ねで、身体にかなりの加重をかけることになります。

 できれば、車いすで移動する時はもちろん、通常の生活の中では、からだにかかる加重を少しでも和らげる、または、力を分散させる工夫が必要です。

 そのために便利なのが、『車いす用クッション』です。

 座位保持装置 完成用部品認定商品『Flo-tech Solution Xtra』は、車いすを使われていいる障碍をお持ちの方の身体にやさしい『車いす用クッション』です。

◆『Flo-tech Solution Xtra』
http://www.wheel-chair.jp/nissinpdf/flotech.pdf

 座位保持装置 完成用部品認定商品『Flo-tech Solution Xtra』は、人間工学に基づいた発砲ウレタンベースの形状と、ゲルパックの組み合わせにより、高い耐圧分散効果と、座位のサポートを実現したクッションです。

 クッションカバーは、撥水性と通気性を備えた伸縮性のある生地を使っているので、長時間座っているためのムレも軽減してくれます。

 クッションのベースとなるのは、人間工学に基づいた形状をより精密に創りあげる材質(発砲ウレタンです。

 クッションの両面に使用することで、最上級のフィット感を出すことに成功しました。

 また、クッションだけでは表現できない、適度な密着性と柔らかな座り心地は、『ゲルパック』を用いることで解決しました。

 ゲルパックの前部は、左右に各3つのセルを設け、その中をゲルが適度に流動することで、除圧効果を高めています。

 逆に、ゲルパックの後部は、ゲルを2重構造にすることで、座位の姿勢でもっとも加重対象となる臀部を強力にサポート。

 座り心地をさらに高めるため、安定感を充実を目指しています。

 現在、軽さや機動性、大きさなど、下肢に障碍をお持ちの方のための車いすは、日々、進化しています。

 車いすの進化をさらに後押しするのが『車いす用クッション』です。

 車いすとクッションの相乗効果で、さらなる快適感を実現しましょう!

※参考資料:
◆車いす用クッション『Flo-tech Solution Xtra』
http://www.wheel-chair.jp/nissinpdf/flotech.pdf

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする