ハンディキャップトイ研究室

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もっと夢を!『ハンディキャップトイ研究室』

トミー(現タカラトミー)が、障碍をお持ちのお子さまのことを考え始めたのは、30年以上前、1980年のことでした。

トミーの設立者、故富山栄市郎氏の「誰もが楽しめるおもちゃ」、「世の中のためになる企業経営」という理念を形にするために、障碍をお持ちのお子さまのためのおもちゃを専門に開発する『ハンディキャップトイ研究室(HT研究室)』が設置されました。

『ハンディキャップトイ研究室』のメンバーは、仕事としてさまざまな施設を訪ね、どのようなおもちゃが喜ばれているのか、どのようなおもちゃが必要なのかを念入りに調査しました。

そして、目の見えない子どもたちのおもちゃに取り組んでみることにしました。

「鈴の入ったボールは楽しいけれど、ボールが止まってしまうとどこにあるかがわからない」という声を受けました。

そこで、振動センサー付きのメロディーチップを入れたボールを開発し、好評を博したり、駒がずれないように工夫したゲームを開発しました。

しかし、『ハンディキャップトイ研究室』で作られるおもちゃは、一般市場向けとはされません。

すべて、目の見えない人たちだけが買い物に来る、専用の施設で販売されていました。

そのため、「大ヒット」しても売れ数はわずかで、利益を出すことはできず、かえって赤字を生み出すような状態でした。

おもちゃ_Kentaro Ohno

Photo by Kentaro Ohno

「社会貢献なのだから、それでもかまわない」と、最初は考えていたのですが、80年代後半の不況の波を受け、活動が続けられなくなります。

しかし、活動を止めてしまうのが残念で、さまざまな方法を思案します・・・。

専用にしようとするからコストが掛かるんじゃないか?

ふつうに作るおもちゃにちょっと工夫してみたらどうか?

そして、「共遊玩具」が誕生!

ラベルの形を変えるなどの工夫によって、触っただけで区別がつくようにしたり、スイッチのON側に凸印を入れたり、開発段階で気をつけることによって、コストをかけずに形にできるアイデアが、少しずつ形になりました。

その後、一企業が行う活動としてだけでなく、「日本玩具協会」の中に、「小さな凸実行委員会」が設立され、『共遊玩具推進部会』と改名されました。

『共遊玩具推進部会』では、協力メーカーから申請のあったおもちゃについて、視覚や聴覚に障害をお持ちのお子さまたちに、本当に楽しんでもらえるおもちゃなのかなどのモニター審査をしています。

この審査に合格したおもちゃが、「共遊玩具」として認定されます。

モノづくりにはつきもののコスト問題ですが、アイデアと実行によって、きっと解決方法があるはずです。

どんなジャンルにとっても、見習いたい、素晴らしい事例ですね!

※参考資料:

タカラトミー

http://www.takaratomy.co.jp

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする