秋バテはこうして解消する

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第100回

 今回は、秋バテ。

 みなさん、こんにちは。

 まだまだ暑いとはいえ、ちょっと秋らしい風も吹くこの頃ですね。これで少し体が楽になるかなぁ・・・と思いきや、なんだかけだるさが続いているという方は「秋バテ」に要注意!最近は夏バテから続いて秋バテになってしまう人が増えているそうです。

すやすや睡眠photo credit: martinak15 via photo pin cc

すやすや眠ること

 原因はこれひとつ!というよりは夏バテ同様に複合的なのですが大きなものとしては夏場の冷えがあります。暑いということで冷たい飲み物を飲みすぎたり、クーラーの中にいすぎたりと夏の間にすっかり体が冷えてしまっているんですね。あとついつい、シャワーだけですませてしまう入浴も体が冷える遠因になっています。その他に暑さによる寝不足や汗などで失われたミネラルを補給しないまま過ごしてしまったりなども秋バテの原意に。

 そこで涼しくなってもけだるい、なんだかすっきりしないといった体調が続く方はまず体を温めることをやってみてください。一番簡単で有効なのは湯船に浸かって体の芯を温めること。時間があれば温泉に行くのもいいですね。それから冷たい飲み物をとりすぎないこともいいですね。例えばお酒などにしてもビールの量を減らして日本酒や焼酎のお湯割りにするというだけでも変わりますよ。体を温める食材、にんにくや生姜、とうがらしなどを積極的に食事に取り入れるのもいいですね。またミネラル類などはサプリメントで摂取するのもいいでしょう。

 それからもう1つ、睡眠を十分にとることも簡単ですが秋バテの予防や改善にはいいですよ。一口に睡眠といっても最近は睡眠をテーマにしたホテルがあるくらい睡眠の科学は進歩しています。寝つきが悪い、眠りが浅いといったことを感じている人は専門家に相談するのもいいかもしれません。家具や寝具のショールームにいくといろいろと試すことが出来ますし、アドバイスもしてもらえます。寝る前の30分、テレビや携帯を見ないのも実はよい睡眠をとる上では効果的ですよ。

 秋は行楽に食欲に、恋に!素敵なことがもりだくさんの季節です。が・・・元気がないと楽しさも半減してしまいます。秋のよさを堪能するためにもまずは自分が秋バテ予備軍じゃないかどうか?確かめてみてくださいね!

飯野耀子 NPO法人日本ハーブ振興協会主席研究員、Beauty Park編集局編集長
元AllAbout食育ガイド。健康管理士、薬膳料理指導員、
食育指導士など多数の資格を保有。FANCL発芽玄米粥の監修も務める。
著書に『キャロットパワーdeビューティ&ダイエット』(講談社)
『夜トマトダイエット』(ぶんか社他、台湾版、中国版、韓国版)
『合格への食卓』(扶桑社)がある。飯野耀子公式サイトはこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする