みぞおち押し

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第102回

 今回は、みぞおち押しについて。

 みなさん、こんにちは。

 めっきり寒くなりましたね。私はお仕事でいろんな温泉に行くのですが、先日ある温泉に行った際に入っても、入っても体が温まらず、どうしたのだろう?という気分になりました。その温泉は割とぬるめのお湯ではあるのですがそうはいってもそれなりに長く入っていましたし、サウナなどにも入ったので体が温まらない理由はお風呂以外にあるのが明白だったのです。

温泉photo credit: Big Ben(Gaijin Bikers) via photopin cc

このくらい気持ちよく

 そこでなんだろう?なんだろう?と思いながら部屋に帰ったところ、折りよく深筋調整美容の先生からメールが来ていました。

 “おぉ、なんてタイミングのよい♪ちょい先生にこの状態を相談してみよう・・・”

 ということでメールにこのことを書いたところ、

 “この前の施術の際にむくみの着ぐるみを着ているみたいっていったでしょう?恐らく排出力がまた低下しているのだと思うので、みぞおちのリンパを押して、代謝力を上げるようにしてみて!”

 とのお返事が・・・

 実はちょっと前、先生のところでリンパと深筋の施術を受けた際に、これ以上ないほどむくんでいるといわれ、その原因がリンパの流れの停滞だということだったのです。(だからね、この水分を出せば1回でも1サイズダウンは確実!といわれ、本当に帰る時にはウエストがすっきり♪足もすっきり♪♪)でね、その最たる原因がみぞおちの所にあるリンパが固くなっていることにあるといわれたのです。

 そこの代謝が悪くなっているから結局、そこから下のリンパの流れも悪くなり、結果、全身むくみの着ぐるみになるという・・・全身に水分の上着を着ているわけですからそれは冷えるわけです。

 そこで先生からみぞおちを1分、ちょい痛くらいの圧で押すことをアドバイスされました。

 さっそくやってみたところ、急に体が温かくなるということはなかったのですが、その夜はとにかくトイレに行く回数が多い(笑)とりあえず排出力は高まりました!万里の道も一歩から、冷えからの脱却も一押しから!

 その後、このみぞおち押しは続けていて、ちょっとずつですが冷えが解消されてきたように感じています。

 この方法が万能というわけではありませんが、冷えがひどかったり、むくみがひどい方は試しにこのみぞおち押し、やってみてください。最初はちょっと押しただけでも痛みを感じる場合もあると思いますが、苦痛にならない程度に1分!

 冷え対策として生姜やとうがらしなど体を温める食材を摂取することももちろん大切なのですが、リンパの巡りが悪いとせっかくの温め効果も体の芯に溜まってしまい、四肢は冷えたままという場合があります。これからの季節、冷え対策として温め食材の摂取と共に排出、代謝力のアップをやってみてくださいね。

飯野耀子 NPO法人日本ハーブ振興協会主席研究員、Beauty Park編集局編集長
元AllAbout食育ガイド。健康管理士、薬膳料理指導員、
食育指導士など多数の資格を保有。FANCL発芽玄米粥の監修も務める。
著書に『キャロットパワーdeビューティ&ダイエット』(講談社)
『夜トマトダイエット』(ぶんか社他、台湾版、中国版、韓国版)
『合格への食卓』(扶桑社)がある。飯野耀子公式サイトはこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする