日本身体障害者アーチェリー連盟

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大会も盛ん!『日本身体障害者アーチェリー連盟』

アーチェリーを、されたことはありますか?

オリンピックなどで、アーチェリー競技を開催していることは知っているし、時には、「友人がアーチェリーをしていた」などという方に出会い時がありますが、なかなか身近なスポーツとは言い難いものかもしれません。

日本には、『弓道』があり、矢を放ち、的を射るという行為については知識や、神社などで見かけるなど、少しは馴染みがあるものの、アーチェリーには、なかなかご縁がありません。

しかし、ヨーロッパでは古くから親しまれ、多くの方々に愛されているスポーツ、アーチェリー。

日本にも、多くのファンがいらっしゃいます。

障碍をお持ちの方々にも、アーチェリーの素晴らしさを感じてもらいたいと取り組んでいらっしゃるのが『日本身体障害者アーチェリー連盟』です。

始まりは、昭和35年。

東京パラリンピック大会に参加された4選手を送り出したことからスタートします。

その後、昭和41年には、『第2回全国身体障害者スポーツ大会(大分県)』に、アーチェリー競技が導入され、30m35射に、5名が参加しました。

昭和48年には、『第1回フェニックス杯』が、横浜市剣山フィールドアーチェリークラブの、オールラウンド射場で開催されます。

昭和50年には、第4回大会より、『フェニックス杯争奪全国障害者アーチェリー選手権大会』と改称され、場所も、『神奈川県総合リハビリテーションセンターアーチェリー場』及び『陸上競技場』に移りました。

昭和51年になり、晴れて『 日本身体障害者アーチェリー連盟』が設立の運びとなります。

その後、神奈川総合リハビリテーションセンター長が、会長を歴任され現在に至っています。

Archery_Gatsby's List

Photo by Gatsby's List

『神奈川総合リハビリテーションセンター』では、障碍をお持ちの方々の社会参加に向け、総合的なリハビリテーションサービス を通して、人が人として尊重される「共に生きる社会」の発展に貢献しています。

利用者の立場に立ち、医療と福祉が連携して、安心と満足が得られるサービスを提供し、リハビリテーションに関わる様々な機関と協力し、一人ひとりの生活が地域で実現できるよう支援しています。

また、先進的、先駆的な取組みを実践し、常に専門性を高めるための教育、研究に取り組んでいます。

『リハビリテーション』という言葉が一般に認知されていなかった昭和48年に全国に先駆けて設立されました。

医療と福祉が連携し、総合リハビリテーションの拠点施設として、県行政の医療・福祉の一翼を支えています。

・病院や施設での訓練を通じ、職業復帰や、自宅での生活を目指す『通過型施設』

・医師、看護師、理学療法士、ケースワーカーや福祉支援員といった、さまざまな職種による『チームアプローチによるリハビリテーション』

設立時からの特徴である、上記により、これまでに約9万人を超える、患者・利用者の社会復帰のサポートをしています。

障碍をお持ちの方の社会復帰や社会参加はもちろん、スポーツを通じた豊かな人生を過ごすことや、趣味を通じた仲間との交流を推進し、総合的なリハビリテーションを推進しています。

アーチェリーを愛される方が、趣味を通じて、健康を維持し、明日への希望の矢を遠くまで放たれますように・・・・。

アーチェリー大会にも、足を運んでみたいです!

※参考資料:

『日本身体障害者アーチェリー連盟』

http://shinshoaren.holy.jp/index.html

『神奈川総合リハビリテーションセンター』

http://www.kanagawa-rehab.or.jp/
ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする