明るく元気に『ブラインドダンス』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明るく元気に『ブラインドダンス』

 『一般社団法人 日本ダンス議会』(Japan Dance Council:略称JDC)は、世界60カ国が加盟する『世界ダンス議会』(World Dance Council:略称WDC)の加盟団体として国内外におけるダンスの普及、発展及び教育、国内外におけるダンススポーツ競技の開催を行っています。

 ならびに、職業的ダンス教師の地位・待遇、生活の向上、充実等に関する事業を行い、国民の健康、教養、文化の向上、発展ならびにダンス関係者全体の利益と福祉に寄与することを目的として、さまざまな活動に取り組んでいます。

 国内では、世界7カ国9大会で競われるワールドシリーズの一つである「アジアオープンプロフェッショナルダンス選手権大会」を運営。

 さらに、世界のトップダンサーと日本のトップダンサー達が競演する「ジャパンオープン」や、国内ダンサー達が、北海道、東北、東部、中部、西部、九州の地域別に、年間6大会を通じて競い合う「日本シリーズ」など多数の大会を主催・運営しています。

 ダンスが、野球やサッカーなど、国民的スポーツと同様に、プロスポーツの一つとして、多くの方々に親しまれることを願い、活動を続けています。

 また、国民の生涯スポーツの一つとして親しまれること。そのために、誰もが、楽しく踊ることができる環境づくりと、ダンスを通じた国際文化交流、地域文化交流に貢献しています。

dance_The Library of Virginia

Photo by The Library of Virginia

 活動の一環として、日本ダンス議会は、視覚に障碍をお持ちの方の積極的な社会復帰を願うため、『ブラインドダンス』を全面的にサポートしています。

 視覚に障碍をお持ちの方々が行っているスポーツは、さまざまありますが、通常は、一般的なルールを少し変えて競技を行っているケースが多いものです。

 しかし、『ブラインドダンス競技会』は、一般の競技会とほとんど変わらない条件で、競技を行っています。

 視覚に障碍をお持ちの方と、健常者が、共に手を取り合い、同じ目標に向かって、切磋琢磨出来るという素晴らしい利点があります。

 視覚の障碍を乗り越えて、更なるレベルアップを目指す姿は、晴眼者にとっても、大きな励みとなっています。

 『ブラインドダンス』を通じて、踊る楽しみを感じ、感性の向上、健康管理、社会との交流を深め、より幅広い人間関係を構築に役立てていただくために、『ブラインドダンス』は多くの方々にサポートされています。

 『ブラインドダンス』は、スピーカーの音源を一か所に限定することにより、フロアー上でアラインメント(方向)を知ることができます。

 カーテンを開けて、太陽光を入れる側と、カーテンを閉めて光を遮断する側とに分けることも、アラインメントを確認する方法の一つです。

 視覚に障碍をお持ちの方が、フロアーに乗る際(段差有)、フロアー上での接触、フロアーから外れてしまうなどの状況を懸念されますが、皆さんほとんどトラブルなく、スムーズにダンスを踊られています。

 音楽の調べにあわせて、身体を優雅に動かしてみる・・・。

 エレガントな時間を過ごしてみませんか。

※参考資料:『一般社団法人 日本ダンス議会』

http://www.jdc-jp.com/index.html
ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする