聴覚に障碍をお持ちの方が英語を学ぶ方法

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『聴覚に障碍をお持ちの方が英語を学ぶ方法』

最近では、小学生の授業に英語があるところも増えてきたようですね。

それほど、英語が、さまざまなシーンで重要であることの現れですが、中学生の頃から授業で英語を学び、テストを繰り返し、大学受験でも英語があり・・・・と、学生時代に、これほど英語に触れていながら、ペラペラにならないのは、どうしてなんでしょう?

ペラペラの方もいらっしゃるのですから、本人の努力が足りないといえば、何も言えません。

しかし、もう少し、違う方法で英語を、いや、英会話をマスターできる仕組みが世の中にあれば、もっと違った形で、社会が、毎日が、ビジネスがまわっていくのではないかと思います。

初中級者のためのTOEICや英会話を教えていらっしゃるのが、『ILSランゲージスクール』です。

『ILSランゲージスクール』では、自由な雰囲気のスクールで、落ち着いた雰囲気で英語を学ぶことができます。

TOEICのため、旅行のため、勉学のため、仕事のためなど、英語習得には、いろいろな目的があります。

それらひとつひとつに丁寧に対応し、自分の目的に合わせて、英語を学ぶことができ、生徒の方々にとても人気の英会話スクールです。

TOEIC_takako tominaga

Photo by takako tominaga

『ILSランゲージスクール』のは、聴覚に障碍をお持ちの方も通われています。

今までに、4名の聴覚に障碍をお持ちの方が、英語を学び、それぞれ英会話、基礎英語、留学準備、英検、TOEIC(R)受験、海外旅行など、違った目的で勉強されました。

手話を使い、英語を教えるのではありません。

聴覚に障碍をお持ちの方は、読唇(rip reading)ができるので、普通の方と同じレッスンをされます。

「聴覚障害者の方のTOEIC(R)受験」は、事前に、TOEIC運営委員会に連絡をしておくと、試験当日にサポートを受けることができます。

少しでも聴覚に障碍をお持ちの方には、スピーカーの近くに席を準備してくれますし、別室で、イヤホンやヘッドホンを使用しての受験もできます。

全く音声を認識できない方は、リーディングパートのみの受験になります。

その場合は、そのほかの方々と共に、一緒に最初からスタートするときや、試験の途中で待ち合わせをして、リーディングセクションから始めるなど、さまざまな方法があります。

<申し込む際の手続き>

<1>TOEIC運営委員会に連絡し、「聴覚に障碍を持っていますが、TOEICの受験を希望します」という旨を伝え、もしくはFAXで送付する。

<2>受験の申込を行う。

(一般の方と同じ方法です)

<3>聴覚に障碍を持っている証明書を、委員会に送付する

やりたいことや目的のために英語が必要だとしたら、TOEICは、いつでも、門戸を開けています。

もう一度、英語に挑戦したいと思われている方の背中を、そっと押してくれますね。

※参考資料:

『ILSランゲージスクール』

http://www.ito-ls.com/
ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする