車いすでラクラク、みかん狩り

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『車いすでラクラク、みかん狩り』

秋は、収穫の時期です。

実際に、果樹から自分の手でもぎ取って食べる果物は、味わいも格別です。

自然の山々を抜けて果樹園につくまでのドライブも、快適で楽しいイベントのひとつです。

しかし、みかん狩りなど、自然の傾斜を利用して作られる果樹園は、車いすなどを利用されている障碍をお持ちの方には、厳しいのではないかと考えられる方も多いのではないでしょうか。

『里の駅 ないぜしぜん村』のみかん狩りは、バリアフリーが完備された、車いすでも利用可能なみかん果樹園です。

『ないぜしぜん村』は、車いすでもみかん狩り(10月~1月)ができるようにと、平地のみかん畑を設けています。

自然農法で育てた、甘くて美味しい「ないぜみかん」を自分の手で収穫し、その場で食べることができるので、下肢に障碍をお持ちの方や、車いすをお使いのご高齢の方々に好評です。

もちろん地面は舗装されていないので少し不具合はありますが、平地ですので、車いすの方も安心して利用できます。

車いすのまま樹の近くまで行き、みかんを取って食べる事が出来るので、車いすの方も楽しめます。

車いす対応トイレも設置されていますし、補助犬を園内で連れて歩くのも認められています。『里の駅 ないぜしぜん村』の事務所や売店も、車いすで利用できます。

みかん_TANAKA Juuyoh

Photo by TANAKA Juuyoh

『里の駅 ないぜしぜん村』の入口は、手すり付きスロープも設置されていますし、売店の通路は車いすで動ける広さがあるので、自由に買い物を楽しむことができます。お店には、自然農法産物や海産物、もちろん、みかんを販売しています。

さて・・・、果樹園の方は、どうなっているかというと・・・。

みかん園入口は、段差がないので、車いすで園内まで入っていくことができます。

みかん園への通路は、舗装されていないので、介助をされる方と一緒に通られる方が安全です。

車いすの方も、みかんを自分で採って食べることができます。

障碍をお持ちの支援学校の方や、老人会の方々は、車いすを利用して、ミカン狩りを楽しまれているそうです。

少し離れた場所にバーベキュー場がありますので、みかん狩りの後は、バーベキューをしてもいいですね!

車いすで快適にみかん狩りをするコツは・・・、

地面が土なので、車いすのタイヤに土が付きやすいので、古いタオルやブラシなどを持って行き、タイヤをふくと動きやすくなります。

また、みかん狩りが終わった後も、車いすのタイヤをふくと、車の中も汚れません。

すこし多めにタオルをお持ちになることを、おすすめします!

※参考資料:

『里の駅 ないぜしぜん村』

http://www.barifuri.com/tourcenter/data_kankou/naizesizen/index.html
ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする