バリアフリー便利帳

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

都内をラクラク移動!『バリアフリー便利帳』

電車に乗っていると、車内アナウンスで「お客様をご誘導中です」という放送が流れるのをお聞きになられたことはありますか?

電車の中に、忘れ物をされた方の捜索したり、車いすなど、障碍をお持ちの方が、電車に乗るときのサポートするときには、こういったアナウンスが流れます。

最近では、エスカレーター以外にも、エレベーターを設置するなど、公共機関や交通機関にもバリアフリー設備が増えてきました。

効果的に利用することで、障碍をお持ちの方や、怪我をされた方が、スムーズに移動できるようにつかってくださるといいですね。

東京の地下鉄をより便利で快適に利用してもらうために、東京メトロと東京都交通局が共同で『東京メトロバリアフリー便利帳』を発行しています。

『バリアフリー便利帳』は、地下鉄全駅のバリアフリー設備などの情報を掲載した小冊子で、東京メトロの駅に設置してあるラックなどで、もらうことができます。

東京メトロと東京都交通局では、ご高齢の方や、障碍をお持ちの方々をはじめ、ベビーカーをご利用になるお客様など、すべてのお客様が便利で快適に東京の地下鉄をご利用いただけるよう、駅のバリアフリー設備に関する情報が掲載された『バリアフリー便利帳』を共同で発行し、駅にて無料で配布しています。

今、発行されている『バリアフリー便利帳』は、1ルートの整備状況やエスカレーター、エレベーターなどの位置情報、トイレの設備や位置情報について、東京メトロと都営地下鉄のすべての駅の情報を掲載しており、この冊子をご利用いただくことにより、地下鉄による東京での移動がますます便利になります。

map subway tokyo_Ben Garney

Photo by Ben Garney

1ルートとは、エレベーター、スロープ、階段昇降機、車いす対応エスカレーターによって、ホームと地上を結ぶ経路を1つ以上確保している駅のことを示しています。

実は、東京メトロと都営地下鉄では、これまでバリアフリー設備の案内冊子を個別に発行しておりましたが、共同で発行するのは初めてです。

目的地までは、もちろん、東京メトロだけではなく、都営地下鉄も利用しながら向かうことも少なくありません。

両社が共同で発行した初めてのバリアフリーマップは、より便利に、利用者のことを考えた冊子といえるでしょう。

もちろん、ネットでも、バリアフリーの状況を逐一紹介しているので、ネット情報を利用しながら快適に利用することもできます。

どんどん便利になる交通機関を利用して、さまざまなところへ、快適にでかけたいですね。

※参考資料:
『バリアフリー便利帳』
http://www.tokyometro.jp/safety/barrierfree/progress/index.html

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする