妊活における男子サポート

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第104回

 今回は、妊活の男子サポートについて。

 みなさん、こんにちは。朝晩すっかり寒くなりましたね。風邪など引かないように気をつけてくださいね。

 そんな今日この頃、今回は妊活に於ける男子サポート情報をお届けします。

photo credit: FromSandToGlass via photopin cc

ゴロゴロとたくさん召し上がれ

 まずはくるみを食べることで精子の質が向上するという話。今年、
”バイオロジー・オブ・リプロダクション・ペーパーズ・イン・プレス”誌で発表された情報なのですが毎日くるみを手のひらに二握り(約75g)食べることで精子の活力や運動性、それから形状の正常化に効果があることが解ったそうです。

 パソコンや携帯電話など電磁波の影響で精子の弱体化が増えているともいわれ、実際、男性サイドが原因の不妊も多いと云われますよね。

 もちろん魔法ではありませんからこれをすれば必ず赤ちゃんが出来るとは残念ながら云えませんが、一つの改善策としては美味しい策なのでよいのではないでしょうか?

 さすがに毎日二握りはキツイという方は日によって量にバラツキがあってもよいのでまずは一日一回、くるみを口に入れるというのはいかがでしょうか?最近はコンビニなどにもくるみのお菓子が増えていますし、ミートソースや担々麺にザクザク刻んで入れるとあっという間にたっぷり食べられちゃいますよ!

 次にもう一つ、男性の生殖器全体を元気にする食材を!実はトマトがそれなんです。もちろん、すっぽんや高麗人参、山芋なども効果はありますが(笑)、それらの効果を上げるためにもまずはトマトを食べてください。

 何故ならトマトに含まれるリコピンは男性の生殖器に1番溜まるカロテノイドだといわれ、前立腺がんの予防に効果的など学会発表もされています。

 カロテノイドがたまるとなぜ妊活にいいのか?

 それは活性酸素の発生を抑制・除去することで細胞の加齢を遅らせたり、正常化を促進するからです。もちろん需要能力もあがりますから先にあげた食材の成分も効果的に活用されるというわけです。

 因みに赤ちゃんが欲しい方だけでなく全ての男性にオススメですのでくるみとトマト、積極的に食べてくださいね。
※これらはあくまでもサポートであり、妊娠を確約するものではありません。お医者様の指導と共にご活用ください。

飯野耀子 NPO法人日本ハーブ振興協会主席研究員、Beauty Park編集局編集長
元AllAbout食育ガイド。健康管理士、薬膳料理指導員、
食育指導士など多数の資格を保有。FANCL発芽玄米粥の監修も務める。
著書に『キャロットパワーdeビューティ&ダイエット』(講談社)
『夜トマトダイエット』(ぶんか社他、台湾版、中国版、韓国版)
『合格への食卓』(扶桑社)がある。飯野耀子公式サイトはこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする