たんぽぽの家

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アートをみんなで!『たんぽぽの家』

 みんなが同じ生を受け、みんなに違う生き方がある・・・という想いのもと、障碍をお持ちの方々の場づくりから、個を支えあう新しいコミュニティづくりに取り組んでいるのが、『たんぽぽの家』です。

 『たんぽぽの家』では、自分らしく生きたいという個人の願いを『共感』という方法で、とらえ、さまざまな活動をおこなっています。

 「やさしさ」を活動のベースに、たくさんの想いと、多くの人たちのつながりを通し、文化と夢のある社会づくりを目指しています。

 『財団法人たんぽぽの家』、『社会福祉法人わたぼうしの会』、『奈良たんぽぽの会』の3つの組織で構成され、アート活動を中心に、定期的な活動や発表を行っています。

◆『たんぽぽの家』
http://popo.or.jp

たんぽぽ_HIRAOKA, Yasunobu

Photo by HIRAOKA, Yasunobu

 特に、アートとケアという両方の視点から、多彩なアートプロジェクトを実施している市民団体が、『財団法人たんぽぽの家』です。

 ソーシャル・インクルージョンをテーマに、アートの社会的意義や、市民文化について問いかける事業を実施し、国内外の団体とともに、ネットワークを構築し、アートの文化運動を展開しています。

 アートを用いて、ケアを、そして、より公共性の高い活動にに取り組んでいます。

 障碍をお持ちの方、お子さまやご高齢の方が、安心して地域の中で、生きていくことをサポートする活動=『アート・ケア・ライフ』という視点を柱に、社会福祉サービスを提供しているのが、『社会福祉法人わたぼうしの会』です。

 日中のさまざまな活動、障碍をお持ちの方の就労支援、相談支援、生活支援、福祉ホーム、配食サービスなどを運営し、住みよい社会実現のために、社会に貢献しています。

 たんぽぽの家の運動を支えるボランティア団体として、いのちや個性を大切に、誰もがイキイキと暮らせる社会の実現をめざしているのが、『奈良たんぽぽの会』です。

 会員からのお誕生日基金、チャリティバザーやコンサートの運営などで、たんぽぽグループを支援、どなたでも入会できるシステムにより、多くの方が共感し、ともに力を合わせて活動しています。

 『Able Art Company』『ABLE ART JAPAN』など、多くのアートイベントを開催、障碍をお持ちの方の作品を中心に、人々の絆を生み出す、活躍の場を提供しています。

 言葉がなくても、心と心をつなげることができるのが、アートです。

 アートのパワーで、みんなの心がOPENになりますね。

※参考資料:
◆『たんぽぽの家』
http://popo.or.jp

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする