びわこミレニアム・フレームワーク

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

障碍問題の今を考えよう!『びわこミレニアム・フレームワーク』

 『びわこミレニアム・フレームワーク(Biwako Millennium Framework:BMF)』をご存知でしょうか?

 公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 情報センターによりますと、「アジア太平洋の障碍者のための、インクルーシブで、バリアフリーな、かつ、権利に基づく社会に向けた、行動のための、びわこミレニアム・フレームワークであると記されています。

琵琶湖_Kentaro Ohno

Photo by Kentaro Ohno

 2002年10月、滋賀県大津市で、『国連アジア太平洋経済社会委員会(United Nations Economic and Social Commission for Asia and the Pacific:国連ESCAP)』のアジア太平洋障碍者の十年最終年ハイレベル政府間会合が開催され、その中で、採択されたさまざまな障碍事業に関する問題や決定事項を取り上げたものです。

 『びわこミレニアム・フレームワーク』は、第二次「アジア太平洋障碍者の十年」(2003-2012)推進のための政策文書です。

 『びわこミレニアム・フレームワーク』の原則、政策方針、優先領域、目標達成のための戦略を定めています。

 優先領域については、2002年5月に開催された、第58回『国連アジア太平洋経済社会委員会』総会決議で、「アジア太平洋障害者の十年」(1993-2002)の期間中に、十分な進展が見られなかったため、域内政府が、さらに、取組むべき優先的政策領域として掲げられたものです。

<項目>

1.障碍者の自助団体および家族・親の会

2.女性障碍者

3.早期発見、早期対応と教育

4.訓練と自営を含む、雇用

5.各種建築物および公共交通機関へのアクセス

6.情報通信技術、および、支援技術を含む、情報と通信へのアクセス

7.能力開発、社会保障、および、持続的生計プログラムによる貧困の削減

 2007年9月に開催された、『国連アジア太平洋経済社会委員会』において、『第二次アジア太平洋障碍者の十年』の『中間年評価ハイレベル政府間会合』では、『びわこミレニアム・フレームワーク』を補足する文書として、「びわこプラス5年:アジア太平洋における障碍者のためのインクルーシブで、バリアフリーな、かつ、権利に基づく社会に向けたさらなる行動」(『びわこミレニアム・フレームワーク』プラス5)が採択されました。

 『びわこミレニアム・フレームワーク』は、ミレ二アム・ワークが、検討・採択された「アジア太平洋障碍者の十年」最終年ハイレベル政府間会合が、滋賀県大津市で開催されたことに因んでつけられました。

 アジアの人々が協力して、長期的な視点で、障碍や福祉に関する取り組みをしていく素晴らしい仕組みを、みんなで応援・サポートしたいですね。

※参考資料:
『びわこミレニアム・フレームワーク』
http://www.dinf.ne.jp/index.html

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする