ギフトカタログ

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉県障害者授産事業振興センター『ギフトカタログ』

『埼玉県障害者授産事業振興センター』は、障碍をお持ちの方々が、制作している製品や開催イベントなどの情報提供、製品の啓発、商品開発・研究に取り組んでいる団体(協議会)です。

障碍をお持ちの方々の社会参加を促進するために、埼玉県内に存在する、障碍をお持ちの方々が通われる施設で作られた、さまざまな製品などの販路の拡大や、軽作業の請負などの『受発注窓口』を設置しています。

『埼玉県障害者授産事業振興センター』が心がけているのが、『セルプ』という考え方です。

『セルプ』とは、英語のSelf-Help「自助自立」から作られた造語です。

障碍をお持ちの方など、社会的ハンデを持つ方々を取りまく、現在の社会的環境は、必ずしも満足できるものではありません。

主体的な意志を持ち、社会の中で自立して暮らしていく取り組みは、障碍をお持ちの方も、健常者の方も関係なく、すべての方々に共通する課題です。

『セルプ』という言葉には、自立をめざして働くことに挑戦し、その挑戦をサポートしていき、社会で自立した活動ができるようになるという願いが込められています。

『埼玉県障害者授産事業振興センター』では、官公庁・民間企業から、社会貢献活動の一環として、障碍をお持ちの方々の施設から、商品の購入や仕事の依頼に関する相談を受け付けています。

障碍をお持ちの方の施設では、普段の生活に安らぎや癒しを与えてくれる、手作りの雑貨・小物、本格的な布製品・木製品・革製品・陶芸品の制作、記念品やギフトとして価値のある焼き菓子やお煎餅、野菜やお米、味噌などの製造を行っています。

◆『埼玉県障害者授産事業振興センター』商品カタログ
http://saitama-jyusan.jp/index.html

プレゼント_kanonn

Photo by kanonn

また、内職などの軽作業から、公園・建物の清掃、チラシのポスティング・クリーニング・印刷製本など、さまざまなサービス・請負業務を受け付けています。

こうした、障碍をお持ちの方々の施設の商品を活用し、業務のアウトソーシングをすることは、障碍をお持ちの方々の社会参加につながります。

就労の機会の拡充や、収入のアップにより、障碍をお持ちの方が、社会や地域の中で、自立して生活をしていくための大きな力となります。

企業や官公庁においても、「社会貢献」への取り組みや、福祉活動を通し、地域に根差した活動への取り組みとして、社会意義のある活動への参加機会が生まれます。

『埼玉県障害者授産事業振興センター』では、依頼主からの発注趣旨を受け付けています。

依頼内容や注文商品の内容・量により、希望条件に合う障碍をお持ちの方々の施設の商品の紹介や複数施設での共同受注のコーディネート(マッチング)を行います。

学校、幼稚園・保育園、地域活動、企業など行事、家庭でのギフトなど、さまざまな機会で利用してみてはいかがでしょうか。

おいしいお菓子、かわいいバッグ、木製品など、心のこもったアイテムが揃っています!

<受付先>
『埼玉県障害者授産事業振興センター』
TEL / FAX. 048-764-9412
〒330-8529 さいたま市浦和区針ヶ谷4-2-65彩の国すこやかプラザ内

※参考資料:
『埼玉県障害者授産事業振興センター』
http://saitama-jyusan.jp/index.html

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする