腰カイロのすすめ

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第107回

 今回は、腰カイロのすすめ。

 みなさん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 さて今年も快晴で気持ちの良いお正月が続いておりますが、その分、本当に寒いですよね。ビールなど冷蔵庫に入れるよりもベランダに置いておいた方が冷えているくらいです。

ホっと、あたたかphoto credit: Sean Molin Photography via photopin cc

ホっと、あたたか

 こういう気温が続くとやはり体の芯が冷えてしまいます。そうなるとショウガやにんにく、ねぎなど体を温めるものを積極的に食べていてもなかなか体が温まらない、エンジンが上がらないといった状態になってしまいますよね。冷え性の多い女性はもちろん、男性でも冬場はそういった経験をする方が多いと思います。

 体温が下がると免疫力が下がったり、代謝力が落ちたり、またなかなかアクティブに動けなかったりと弊害がたくさん出ていいことがありません。さらには便秘の原因のひとつにもなるってご存知でしたか?

 女性に便秘が多いことの原因のひとつに冷え性になりやすいことがあるくらい、体が冷えるとお通じにも影響が出てしまうんです。

 日頃、お通じが悪い人はもちろんですが、いつもはわりと調子がいい人が便秘になった時の苦しさもつらいものです。そうすると早く楽になりたい!ということで薬に頼りがちですがなるべくなら自力で解決したいところ。

 そこでそんな時には貼るタイプのカイロを腰にはってみてください。

 体が暖を感じるのはもちろんなのですが、自律神経にも伝わり内臓の働きのバランスをとったり、また副交感神経を優位にすることで便が出やすくなるなど腰を温めることでお通じ改善の効果がみられることが多いのです。

 実際、私自身、冬場は毎日、朝起きると腰にカイロを貼ってから一日が始まるのですが快調ですし、医療現場でもこの“腰を温めることでお通じ改善”といった指導や取り組みは行われているのでぜひ試してみてください(貼るカイロはくれぐれも衣服の上から貼ってくださいね。直接だと低温やけどを起こす危険があるので・・・)

 因みに腰カイロは生理痛がつらい方にも緩和効果があることが多いようですので女性はいろいろな意味で腰にカイロ、有効です。

 今週も晴れの日が多い分、気温が低くなることが多くなりそうとのこと。ぜひ、腰を温めることで健やかに過ごされてくださいね!

 それでは本年もよろしくお願いいたします。

飯野耀子 NPO法人日本ハーブ振興協会主席研究員、Beauty Park編集局編集長
元AllAbout食育ガイド。健康管理士、薬膳料理指導員、
食育指導士など多数の資格を保有。FANCL発芽玄米粥の監修も務める。
著書に『キャロットパワーdeビューティ&ダイエット』(講談社)
『夜トマトダイエット』(ぶんか社他、台湾版、中国版、韓国版)
『合格への食卓』(扶桑社)がある。飯野耀子公式サイトはこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする