ユニバーサル料理人

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽しくお料理しましょう!『ユニバーサル料理人』

美味しいものを食べると、みんな幸せになりますよね。

言葉を交わさなくても、美味しいものを食べる時間を共有すると、誰もがやさしくなり、みんな友達になってしまいます。

美味しいものは、人々を、幸せに、仲良くさせてくれますね。

そんな美味しいものをつくるために、料理を楽しむ方が、障碍をお持ちであることや、ないことに関わらず、男女ともに増えています。

障碍をお持ちの方も、楽しんでできる料理を教えていらっしゃるのが、『ユニバーサル料理人』。

『美味安楽』・・・。

chef_ollesvensson

Photo by ollesvensson

美味しくて、安心・安全な楽しい料理を提案している『ユニバーサル料理人』とは、加藤鋭治さんのことです。

加藤さんは、昭和54年3月東海大学海洋学部船舶工学科卒業後、フランス菓子神田エスワイルに入社。

昭和56年辻調理師専門学校フランス校入学後、昭和57年日本パン技術研究所入学し、同年 有限会社トラヤに入社されます。

その後、本格的フランス菓子店ヴァンベールを起ちあげます。

その後、平成15年、視覚に障碍をお持ちの方のための料理教室「みらくるクッキング」を開講。

主任講師として、楽しく、安全で、美味しい、視覚に障碍をお持ちの方が、笑って学べる教室を運営されます。

さらに、平成17年には、視覚に障碍をお持ちの方のための『ケーキ・パン教室』を開講します。

現在は、洋菓子専門店ヴァンベールを後進に譲り、『視覚に障碍をお持ちの方向けのクッキング教室』や『親子の料理教室』、『高齢者の料理教室』などを開催し、多くの方々に、幸せな時間を提案しています。

さらに、IHクッキングの第一人者としても活躍中です。

加藤さんの著書、『ユニバーサルクッキングのすすめ』では、「美味安楽」、「楽しい料理は若さの秘訣」をテーマに、いろんなレシピを紹介しています。

また、加藤さんの講演は、年をとっても楽しく料理をする秘訣を中心に、健康、地産地消、ダイエットの話までを、ちょっぴり毒舌で、参加者がついつい爆笑してしまう、笑顔の絶えない話で解りやすく、大評判です。

講演の中で、体に優しい「大地の恵みの野菜スープ」も作られ、実際に参加者に試食みしてもらっています。

講演も、受け付けていらっしゃるそうです。

先生の楽しく、幸せになるレシピとお話、ぜひ、お聞きしてみたいですね。

※参考資料:
『ユニバーサル料理人』
https://sites.google.com/site/ihchef/Home

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする