17.『移行準備支援加算』について(後編)

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

17.『移行準備支援加算』について(後編)

 『移行準備支援加算(2)』とは、以前までは、『施設外就労』と呼ばれていたもののことをいいます。

 ◆『移行準備支援加算(2)』については、

・ひとつのユニットをつくること

・ユニットの最低定員3人以上になっていること

・ひとつのユニットに、職員をプラスα配備し、外部に、企業実習や農業を行う

などの場合に算定されるものです。

 職員の人員配置については、利用者の人数に対しての必要人数が定められています。

 また、『施設外就労』が、運営規定に書かれていること。また、個別支援計画に書かれていることなど、さまざまな条件があります。
施設外就労先の企業とは、請負作業に関する契約を締結しなければなりません。

工場_motomocomo19

Photo by motomocomo19

 請け負った作業についての利用者に対する必要な指導等は、施設外就労先の企業ではなく、事業所が行います。

 施設外就労に随行する支援員は、就労先企業等の協力を得て、作業指導、委託先企業や対象者の家族との連携を行います。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする