季節の変わり目でも体調よく過ごすには、バラの香り

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第112回

 今回は、季節の変わり目について。

 みなさん、こんにちは。

 今年も桜の開花宣言を迎えて、空気も本当に春らしくなってきましたね。先だって東京の開花宣言の日、上野にいったのですが桜だけでなくさまざまなお花が咲いていてとてもきれいでしたよ。

 このように花って見る人の心を癒したり、香りが体調のバランスを良くしたり、最近はエイディブルフラワー(食用のお花)も種類多く出回るようになっていて栄養面でもお花は私たちに糧をくれています。

ステキなバラの香りphoto credit: Parvin ♣( OFF for a while ) via photopin cc

ステキなバラの香りで過ごしましょう

 そんな嬉しいことがいっぱいのお花ですが、花が咲く今の時期や若葉が出る頃などに体調を崩される方って結構いらっしゃいますよね?いわゆる「季節の変わり目」というものですがこの時に更年期障害が重なっていたり、あと若くても更年期障害っぽい症状が出たりすることがあります。これが結構つらいんですよね。

 実は私自身も20代の頃から一日、二日ではあるのですが妙にのぼせたり、倦怠感がひどくなったりといった症状が出ることがあります。昔はそれが何のか解らなかったのですがその後若年性更年期になる人が増えている話や、この時期にそういった症状になる人が多いことを知り、自分に起こっている症状を改めて認識した次第です。

 でも本ちゃんの更年期障害でもなかなか症状が緩和される薬がないというのに一日、二日のために薬を求めるいうのも面倒だったり、そもそも出してもらえなかったり。でも出来れば楽に過ごしたいということで活用するようになったのがバラの香りです。

 これは香りのよい生のお花の匂いを嗅ぐのでもいいですし、エッセンシャルオイルなど凝縮されたエッセンスを活用してマッサージをしたり、デュフューザーでお部屋の香りを整えたりするのもお勧めです(実際に更年期障害になっている方には、よりお勧めです)。

 バラは女性ホルモンの活性化をするなど心身が疲れている女性にもお勧めですし、とにかく女性にとって姿形だけでなくいろいろな意味で嬉しいお花なのでぜひ生花が美しく咲くこれからの季節はお部屋に飾るなどバラを楽しみつつ、バラの効能を摂りいれたライフスタイルを実践してみてください。

飯野耀子 NPO法人日本ハーブ振興協会主席研究員、Beauty Park編集局編集長
元AllAbout食育ガイド。健康管理士、薬膳料理指導員、
食育指導士など多数の資格を保有。FANCL発芽玄米粥の監修も務める。
著書に『キャロットパワーdeビューティ&ダイエット』(講談社)
『夜トマトダイエット』(ぶんか社他、台湾版、中国版、韓国版)
『合格への食卓』(扶桑社)がある。飯野耀子公式サイトはこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする