点字ブロック発明者:三宅精一

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

点字ブロックの発明者:三宅精一さん

駅で、街で、道路には、点字ブロックが敷かれ、視覚に障碍をお持ちの方の歩行をサポートしています。

小さなお子さまや、ご高齢の方、怪我をしている方に対しても、点字ブロックがあるお蔭で、道の端を歩かないようにしたり、駅のプラットフォームでも歩行に際して、危険を察知しやすい環境が整えられています。

点字ブロックを発明したのは、三宅精一さん。

1926年、岡山県倉敷市に青果店の長男として生まれました。

戦後、岡山市に移り住み旅館業を営まれた三宅さんは、工夫することが好きで、町の発明家として有名でした。

無類の動物好きで、当時は珍しかったセントバーナード犬を、つがいで飼っていて、このセントバーナード犬が、点字ブロック誕生の大きなきっかけになります。

1963年頃、セントバーナードに子犬が生まれ、譲り受けたのが生涯の親友、岩橋英行さん、社団法人日本ライトハウス元理事長でした。

そのころ、三宅さんは、交差点で白杖を持った視覚に障碍をお持ちの方が道を横切ろうとした際、クラクションが鳴り、その場にうずくまってしまう危険な光景に出合います。

セントバーナード犬との縁で、親交を深めた岩橋さんは、視覚の障碍について熱く語り、点字ブロック構想をあたためていた三宅さんとともに、点字ブロック構想を加速させます。

危険な場所と安全な場所を判別する方法は、岩橋さんの「コケと土の境が、靴を通して分かります」との一言から生まれ、建築会社勤務経験のある弟、三郎さん(財団法人 安全交通試験研究センター現理事長)と共に、試行錯誤を繰り返し、私財を費やして、1965年、自宅を改造した「安全交通試験研究センター」で、点字ブロック第一号が完成しました。

点字ブロック_かわむら

Photo by かわむら

視覚に障碍をお持ちの方の『人間としての自立・単独安全歩行』を目指し、安全誘導システムの全国展開を考え、点字ブロックを、日本の各都市や駅に敷き詰めるという壮大な夢に取り組みます。

岡山県、建設省(現国土交通省)と何度も交渉し、ついに、1967年、岡山県立岡山盲学校近くの国道2号線の横断歩道前に、230枚の点字ブロックを寄贈します。

これが、世界初の「視覚障害者誘導用ブロック」です。

点字ブロックの理解のため、県や市に『点字ブロック』を寄贈、振動で信号の色を知らせる『振動触知式信号機』を開発・寄贈する中、私財を投じて開発に没頭します。

しかし、『点字ブロック』はもちろん、『振動触知式信号機』にも、問合せは全くありませんでした。

そんな中、1970年、東京都道路局安全施設課から、点字図書館や盲人福祉センター、東京へレンケラー協会など、視覚に障碍をお持ちの方のための施設が集中している高田馬場駅の東側一帯に点字ブロックを採用したいと電話が入ります。

その後、1973年には、厚生省(現厚生労働省)が、障碍者福祉モデル都市事業を制定し、首都東京での敷設がモデルケースとなり地方自治体へ広がっていきます。

また、道路以外でも、視覚に障碍をお持ちの方の転落事故防止のために、鉄道のホームの白線も、現在では点字ブロックに置き換わっています。

三宅さんは、長年の苦労により1976年に入院、1982に享年57歳でお亡くなりになりました。

『点字ブロック』発明者の三宅精一さんの想いは、今、視覚に障碍をお持ちの方だけでなく、より多くの方々の命を守り、安全に外出することを可能にしてくださいました。

理想の社会を夢見て、社会に必要なものを生み出す、力強く、慈愛に満ちた想いを、『点字ブロック』を見る度に思い出します。

三宅さん、ありがとうございました。

感謝を込めて、一歩、一歩、歩かせていただきます。

※参考資料:
点字ブロックの発明
http://www.wheel-to-wheel.com/tenjiburock.htm

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする