グランドソフトボール

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一球入魂!『グランドソフトボール』

 視覚に障碍をお持ちの方が楽しめる野球を、『グランドソフトボール』といいます。

 ときには、『転がしソフトボール』と呼ばれることもあります。
 
 使うのは、ハンドボールに似たような、通常の野球で使用するボールよりも大きなものですが、中に鈴などは入っていません。

 1チーム10人制で、メンバーの中に、全盲の選手が4人以上存在する必要があり、後の6人は弱視選手で構成します。

 弱視の方や、晴眼者も、アイシェードを用いることで、全盲選手としてプレーに参加することも可能です。

 また、試合中は、全盲選手も目隠しを行ないます。

 というのは、「ボールが見えているのではないか」という疑問を持ってしまうほど、素晴らしいプレーで感動を生む選手がたくさん存在するからです。

 見えていないことを、目隠しをすることで正式に示し、どのチームも平等に、フェアフレーで行っている指針にしています。

 選手の中でも、投手は、全盲の方が担当します。

 捕手が手をたたくことによって、投手にストライクゾーンを伝えるのですが、言葉で指示することはできません。

 さまざまな変化球や、スピードのあるストレートを効果的にミックスしながら、晴眼者の野球経験者からも余裕で三振を奪う、素晴らしい投手がたくさん存在します。

 攻撃する方は、全盲の方には、ランナーコーチが手をたたくことによって、出塁の方向を伝えますが、全盲の選手同士がぶつかることを避けるために、走塁用ベースと、守備用ベースが分かれて存在します。これは、通常の野球とは大きく異なる部分ですね。

ballpark_ensign_beedrill

Photo by ensign_beedrill

 全盲の選手が、ボールが動いている間に捕球すれば、ゴロであろうと、フライアウトと同じ扱いになるため、外野にゴロが転がっても、すぐにヒットとは断定できません。

 次の塁に進んでしまうと、ゲッツーで併殺となる場合もあるのです。

 『グランドソフトボール』のルールのポイントはここにあります。

 技術のある全盲の選手は、次々にヒット性の当たりをアウトにしてしまうため、有利に試合を進めることができます。

 また、マウンドの半径1.5メートル円内に送球された場合は、ボールデッド(デッドボールではありません)となり、試合が停止します。

 全盲の選手がボールをどこに投げればよいかが分からず、その間に、走者が走ってしまうことを避けるためです。

 こうしたさまざまなルールのもと、試合は静かに進行します。

 音が頼りのスポーツですから、特に、全盲の選手が打席に立たれたときは、ベンチや観客席から大きな声で応援をすることはひかえることが重要です。

 その他にも、『グランドソフトボール』ならではの秘策や楽しみ方が、たくさんあります。

 決まり事が多い気がするかもしれませんが、実際にプレイをしてみると、そうでもないことに気がつかれるはずです。

 また、最初は、アイシェードをつける場合とつけない場合の競技に臨む変化を知ることで、障碍をお持ちの方と、状況を分かち合うことができことでしょう。

 視覚に障碍をお持ちの方でなくとも、さまざまな障碍をお持ちの方も、いっしょに楽しむことができるスポーツでもあります。

 障碍をお持ちの方も、そうでない方も、是非、『グランドソフトボール』ならではの奥深い味わいを楽しみ、みんなでスポーツをする感動を分かち合ってみてはいかがでしょうか。

※参考資料:
『全日本グランドソフトボール連盟』
http://gurasofu.web.fc2.com/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする