リハビリ体操

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元気に続けよう!『リハビリ体操』

毎日、デスクワーク中心で過ごされている方は、仕事に熱中するあまり、気がつくと何時間も同じ姿勢でいることも少なくありません。

デスクワークではなくても、休日にリビングでTVを見ているときなど、気がつくと同じ姿勢で見続けていることもあるでしょう。

あれ?なんだか身体が重い、肩がいつの間にかこわばっている・・・と気づかれる方もいらっしゃると思います。

一日だけのことならいいのですが、これが毎日、毎週、毎年・・・と続いていくと、身体に知らず知らずのうちにダメージを与えることも少なくありません。

障碍をお持ちの方でリハビリを行っていらっしゃる方も、障碍の状況に応じて、さまざまなリハビリに取り組んでいらっしゃいます。

ときには、先生と相談しながら、動きや障碍を改善するための目的は同じでありながら、動きがややいつもと違ったリハビリ体操を取り入れてみるのも、気分も変わり、モチベーションもあがるのではないでしょうか。

金沢西病院では、怪我された方や障碍をお持ちの方のためのリハビリとして、さまざまな『リハビリ体操』をご紹介しています。

基本クラスには、『ボール体操』があります。

家庭に眠っているジムボールを使って、簡単な体操に取り組んでいます。

十分広いスペースを設けて、10分間の基本コースになっています。

exercise_sanchom

Photo by sanchom

初級クラスでは、少し難しいのですが、手足だけでなく、腹筋と背筋への効果が十分に

期待できるレクチャーをしています。

十分広いスペースを設けて、10分間くらい行います。

『タオル体操』は、ご家庭のタオルを使った、簡単な体操です。

障碍の状況により、立ち座りの難しい方におすすめの体操で、背もたれを使わない方がより効果的です。

『今すぐできるイス体操』では、道具は何にもいりません。

今、座っているイスの上ですぐにできる体操で、気分転換・リフレッシュにも効果的ですので、デスクワークの長い方、自宅でTVを見ている合間などに取り入れてみるのも効果的です。

『リハビリ体操』が重要なのが分かってはいるけれど、なかなかできない・・・という方は、まずは、御友人や同僚、ご家族といっしょに挑戦してみてはいかがでしょうか。

『みんなでできるバランス体操』は、障碍の状況や、加齢によって、バランスに自信の無くなってしまった方におすすめの『リハビリ体操』です。

ただ、立っているだけではバランスは良くなりませんので、立った状態で、体を使って、バランス機能を鍛えていきましょう。

『バランス体操』は、医療法人社団博友会 金沢西病院のWEBサイトの『リハビリ体操』で画像を確認することができます。

医師のアドバイスをお聞きして、自分には、どの体操が必要で、いつ、どれくらいの頻度で生活に取り入れていけばいいかなど、一度、ご相談されることをおすすめいたします。

医師による専門の診療と、プロの指導家によるアドバイスによって、自分のライフスタイルや障碍の状況にあわせた、よりよい『リハビリ体操』がつくりだせると、さらに健康になれると思います。

体操には、ひとつひとつ目的と裏付けが存在します。

先生に、そうしたことも教わりながら、人体機能に則した快適な運動で、障碍の状況の改善を図り、健康年齢をさらに高めていきたいですね。

※参考資料:
医療法人社団博友会 金沢西病院『リハビリ体操』
http://www.knh.or.jp/rihabiri3.html

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする