筑波技術大学

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

障碍の未来を照らす!『筑波技術大学』

 「眼や耳からの情報取得に制限のある学生が、バリアのない教育環境で思う存分勉強し、持っている能力を開花させ、より良い社会自立をしてほしい。障碍をお持ちになる方々のリーダーとして社会に参画・貢献してほしい(国立大学法人 筑波技術大学長 村上芳則あいさつより)」

 こうした願いを実現するために、『国立大学法人 筑波技術大学』は、聴覚に障碍をお持ちの方と視覚に障碍をお持ちの方のみを受け入れる、日本で唯一の高等教育機関として、平成元年に創られた国立大学です。

・幅広い教養と専門的な技術とを有する専門職業人を育成し、両障碍をお持ちになられる方々のより良い社会自立を促進すること

・最新の科学技術を応用して、障碍の特性に即した教育方法を開発し、障碍をお持ちの方々の教育全般の向上に貢献すること

 上記2つを、大きな目的としています。

 「障碍補償システム」や「教育方法の開発・研究」、そして「教職員の資質の向上」など、障碍をお持ちの方々が、大学教育の内容を確実に履修できる環境や、豊かな学生生活を送ることができる環境を整備に取り組んできました。
 
 『筑波技術大学』になる前の、短期大学時代と合わせ、約1500名の卒業生を社会に送り出すなど、社会参画・貢献できる人材育成に多くの成果を上げています。

 さらに、2010年には、より高度な勉学や研究をしたいという願いを叶えるため、「大学院」を、2012年には、先生になりたいという希望に応えるため、「教職課程」を追加開設しました。

筑波山_TANAKA Juuyoh

Photo by TANAKA Juuyoh

 今後は、卒業生や社会人の「学び直し」の受入れ拡大や、「留学生センター」の整備などにより、ますます多様化する学びの需要に対応できる大学、また、全国の障碍者教育の先導的かつ中核的役割を担う大学として、着実な計画の推進により実績を積み重ねています。

 聴覚に障碍をお持ちになられる方々は、聴覚障碍系の産業技術学部、視覚に障碍をお持ちになられる方々は、視覚障碍系の保健科学部を置き、学部のもとに学科を置いています。

 各学科の学生は、共通教育科目のほかにも、専門教育科目を自由に履修できますが、個々の学生の目標に応じた学習プログラムを円滑に作成できるよう、各専門分野に複数の履修モデルの用意があります(下記は、一般的な履修の流れです)。

 具体的には、学生の特性に配慮した指導を実施するため、入学後にさまざまな形態で指導を進めています。

・1年次は、学部ごとに、全学生を対象にクラス編成をし、学部共通科目を中心に履修します。

・1年次の履修状況に応じ、2年次は、産業技術学部では3つの系(科目区分)ごと、保健科学部では学科及び専攻ごとに提示された履修モデルを参考にしつつ履修します。

・2年次までの履修状況、および本人の意向などに応じ、3年次になる段階で目標とするレベルに合わせて履修モデルの修正を行います。

・卒業該当年次においては、卒業研究に関係する科目を中心に履修します。

 『筑波技術大学』には、聴覚・視覚に障碍をお持ちになられる方々を対象とする、国内唯一の高等教育機関として、聴覚・視覚に障碍をお持ちになられる方々の社会自立、参画、貢献の促進を目標に、率先して社会に貢献できる専門職業人を養成することを基本目標とし、この目標の実現を図るため、4つの教育の理念があります。

(1)  人間形成に資する幅広い教養を習得させ、社会性の涵養を図ります。

(2)  障碍を理解・克服し、自ら社会に適合できる自主性、柔軟性の育成を図ります。

(3)  情報化社会に対応できる情報リテラシーと、国際化に対応できる語学力、学生生活・社会生活を円滑に行うためのコミュニケーション能力の育成を図ります。

(4)専門技術の習得に必要な専門基礎教育、および専門教育を充実し、社会が求めている専門的、応用的職業能力、および指導能力の育成を図ります。

 聴覚に障碍をお持ちの方、および視覚に障碍をお持ちの方の特性に配慮し、学部教育全体を通じた効果的・弾力的な履修ができるよう、さまざまな指導上の配慮を図ることで、新しい高等教育を展開している『筑波技術大学』は、国内のさまざまな教育機関を先導し、日本の福祉教育を、また世界の福祉環境の未来を必ずや良き方向へと導いてくれるはずでしょう。

 『筑波技術大学』の今後の取り組みに、期待したいですね!

※参考資料:
『国立大学法人 筑波技術大学』
http://www.tsukuba-tech.ac.jp

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする