豊能障碍者労働センター

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ともに生きる応援グッズ!『豊能障碍者労働センター』

 春物のファッションやグッズが街中にあふれて、売り場がカラフルなイメージになっています。

 季節に応じて、さまざまな色合いやアイテムで街中が変化していく様子は、四季のある日本ならではの光景ですね。

 自然の中で、旬を感じるのはもちろんとても心地よいことなのですが、たとえ山や海に行くことができなくても、日々の暮らしの中や、それこそ、毎日の食材を購入するスーパー、日々、乗り降りする交通機関でも、四季を感じることは充分できますね。

 そのためにも、感じる心や、共感する柔軟性、ワクワクする気持ちを、常に持ち続けていたいと思います。

 四季を感じるファッションでは、服装以外に、バッグなどの持ち物の色合いも重要な要素です。

 ともに働く市民事業『積木屋』が展開する通信販売(WEBサイト)では、さまざまなアイテムを販売しています。

 『積木屋』が手掛ける『豊能障碍者労働センター』では、障碍をお持ちの方もお持ちでない方も、ともに経営を担い、生活に必要なお給料を作り出しています。

 そのために、さまざまな事業を、地域社会と一体となって行っています。

 障碍をお持ちの方がデザインされたアートTシャツやこだわりの雑貨販売、リサイクルショップ、定食屋、福祉ショップなど、事業形態はさまざまですが、気持ちはひとつ。

 常に、ともに社会で、よりよく生きていくための試みを行なっています。

bag walking_ammgramm

Photo by ammgramm

 『豊能障碍者労働センター』のWEBサイトでは、さまざまなグッズを扱っています。

 例えば、ミニトートバックは、花とネコ、チョコケーキ、コモンフラワー、蝶とネコなど、カラフルで持っているだけでも楽しくなるようなデザインが魅力です。

 木の楽器では、丁寧にやすりをかけた、触り心地のいい素朴な楽器が集められています。

 木目の落ち着きを活かしながら、小さなお子さまがはじめて手に取る際にも、やさしい気持ちになれるようなフォルムが魅力的です。

 マラカスや鈴のような、やさしく、軽やかな音がでる楽器は、形をみているだけではなく、ぜひとも音を聞いてみたいという気持ちにかられます。

 手ぬぐいは、カラフルな色やモチーフを、絶妙なバランスで染め上げた、アート性の高い作品です。

 ともすると、アート性が高い=驚き・インパクト、ととらえがちですが、ここで扱っているのは、どれも、やさしい気持ちになれるものばかり。

 心から癒される、なんだか応援してもらっているような気持になるようなビジュアルは、うれしくなるような雰囲気を持ち合わせていて、とても人気が高いものです。

 春の明るいイメージもありますし、夏場の浴衣に合わせて美しく映えるデザインなど、バリエーションもありますから、自分の好みに合った、お好きな柄がきっとみつかることでしょう。

 同じように、丸型の竹のうちわも、気持ちが沸き立つデザインです。

 和風のデザインというよりは、丸やストライプといった、和モダンのテイストをうまく融合させた、今風の雰囲気があります。

 大切な方へのプレゼントや、今年のアイテムとして1品持ちたいときに、『豊能障碍者労働センター』が展開されているWEBサイトをご利用になってみてはいかがでしょうか。

 きっと、ステキなアイテムに巡り合えることと思います

※参考資料:
『豊能障碍者労働センター』
http://tumiki.com/?mode=cate&cbid=293486&csid=5&sort=p

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする