介護用品ならおまかせ!『スクリオ』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護用品ならおまかせ!『スクリオ』

障碍をお持ちの方や、ご高齢、お子さまの毎日を快適にし、親御さんや介護者の負担を少なくするために、世の中には便利で使いやすい介護用アイテムが続々と開発され、紹介されています。

そうした情報をいち早くキャッチし、日進月歩で使いやすくなっているアイテムを取り入れた、心地いい毎日を過ごしましょう。

介護用品、福祉用具の店舗販売と通販に取り組んでいるのが『スクリオ』です。

『スクリオ』では、介護保険対応も、レンタルも受け付けているので安心です。

介護用品やバリアフリー機器を安くて豊富に取り揃えているので、定期的にネットなどを閲覧して、使いやすいさなどをリサーチしておくといいですね。

介護の負担を軽くする介護用品は5,000点以上の品揃えがありますので、介護福祉のプロが特徴や選び方なども、詳しく丁寧に解説してくれているので、分かりやすくて安心です。

例えば、入浴介護の場合は、お風呂の出入りは危険がいっぱいですが、手すりをつけることで、介護をする方も安全で快適さが増します。

このように、お手軽に「もしも」の不安を軽減しています。

入浴では、湯船に入れる、入るなどの行為にも注意が必要です。

またぐ動作をサポートするために、簡単に設置できて、楽しく入浴できるのが『安寿 高さ調節付き浴槽手すり』です。

浴槽にフタができますし、なによりも簡単に取り付けることができます。

gift box_Mulberry24

Photo by Mulberry24

また、介護用品の使い方は、機能に合わせて、それぞれが個性的で、全く違います。

購入後に、「こんな使い方だと思っていなかった」とか、「今まで使っていたものとは、使い方が違うのでできない」などということにならないように、『スクリオ』のWEBページの中で、使い方を動画で説明しています。

動画を見ることで、自宅のスペースや間取りなどとの関係を理解したり、使用するときの人数や位置、力の加え方などがチェックできるので、すぐに必要でない場合も、あらかじめ見ておくことで、介護用の物選びの判断ができるようになります。

福祉の専門家の意見や目線もたくさん取り入れているので、基本構造から理解できるのも強みのひとつです。

例えば、歩行器具についても、基礎的なところから学ぶことができます。

人間は約1年で歩けるようになり、平均的に、1歳から80歳くらいまで「歩行」を移動手段としていることになります。

しかし、加齢や疾患、障害によって歩くことや、立ち上がることが困難になってくる事もあります。

中には「歩けなくなったらおしまい」と思う方がいますし「歩くためにリハビリがしたい」と思う方もいらっしゃいます。

そんな方々のことを考え、転倒など防止するため、車椅子にのって「行動抑制」をするのではなく、困難になってきた歩行・立上りを「時と場所」「身体状態」に合わせてどのように支援していくかを考えていきたいと思います。

といった具合に、「そもそも歩行器具とは・・・」について、人間の一生からの目線を持てることは非常に興味深いところでもあります。

介護専門のECサイト『スクリオ』。

介護に携わらない方でも、興味深くご覧になることができると思います。

情報収集にお役立てになられてはいかがでしょうか。

※参考資料:
快適空間『スクリオ』
http://www.scrio.co.jp/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする