困ったときには!『独立行政法人 高齢・障碍・求職者雇用支援機構』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

困ったときには!『独立行政法人 高齢・障碍・求職者雇用支援機構』

 『高齢・障碍・求職者雇用支援機構』は、千葉県に存在する、高度職業能力開発促進センター内で活動する独立行政法人です。

 高年齢者などを雇用する事業主などに対して、給付金の支給し、高年齢者などの雇用に関する技術的事項について、事業主などに対する相談その他の援助を行います。

 また、障碍をお持ちの方の職業生活における自立を促進するため、施設の設置、および運営、障碍をお持ちの方の雇用に伴う、経済的負担の調整の実施を行なっています。

 その他、高年齢者、および障碍をお持ちの方の雇用を支援するため、業務、並びに求職者、労働者の職業能力の開発、および、向上を促進するため、施設の設置、および運営の業務などに取り組んでいます。

 高年齢者、および障碍をお持ちの方、並びに、求職者、その他の労働者の方々の職業の安定、福祉の増進を図り、経済、および社会の発展に寄与することを目的としています。

<主な業務内容>

・高年齢者等の雇用促進のための給付金の支給

・高年齢者等の雇用に関する事業主への相談・援助

・高齢期の職業生活設計に必要な助言・指導

・障碍者職業センターの設置及び運営

・障碍者職業能力開発校の運営

・障碍者雇用納付金関係業務(納付金の徴収、助成金等の支給、障碍者の技能に関する競技大会、障碍者雇用に関する講習・啓発等)

・職業能力開発短期大学校、職業能力開発大学校、職業能力開発促進センター、職業能力開発総合大学校等の設置、及び、運営

・求職者支援訓練の認定、及び、訓練の実施に必要な助言・指導

・雇用促進住宅を譲渡、又は、廃止する業務、及び、譲渡等するまでの間の管理運営業務

 障碍をお持ちの方が、仕事を探したいと思われたときには、『地域障碍者職業センター』が便利です。

 障碍をお持ちの方に対して、ハローワーク(公共職業安定所)と協力し、就職に向けた相談、職業能力などの評価、就職前の支援、就職後の職場適応のための援助まで、障碍をお持ちのひとりひとりの状況に応じた継続的なサービスを提供しています。

 サービスのひとつ『職業評価』では、就職の希望などを把握した上で、職業能力等を評価し、それらを基に就職して職場に適応するために必要な支援内容・方法等を含む、個人の状況に応じた支援計画(職業リハビリテーション計画)を策定します。

 『職業指導』では、就職活動を円滑に実施できるよう、また、適切な職業選択が行えるよう、職場で安定して働き続けられるように、相談や助言を行います。

雨_See-ming Lee

Photo by See-ming Lee

 その他、『知的障碍者判定・重度知的障碍者判定』では、障碍者雇用率制度、障碍者雇用納付金制度などの雇用対策上の知的障碍者・重度知的障害者の判定に取り組んでいます。

 就職、または、職場適応に課題のある知的障碍をお持ちの方、精神障碍をお持ちの方などの雇用の促進、および、職業の安定を図るための活動も行っています。

 『職場適応援助者(ジョブコーチ)による支援事業』では、多くの事業所に向け『ジョブコーチ』を派遣し、障碍をお持ちの方、および事業主に対し、雇用の前後を通じて、障碍の特性を踏まえた、直接的、専門的な援助を行っています。

 「働きたい!」という気持ちはあっても、仕事の不安は尽きません・・・。

 とても頼りになる『独立行政法人 高齢・障碍・求職者雇用支援機構』へ相談しながら、前向きに取り組みたいですね。

※参考資料:
『独立行政法人 高齢・障碍・求職者雇用支援機構』
http://www.jeed.or.jp/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする