社会に広げよう『特別支援教育士』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社会に広げよう『特別支援教育士』

 文部科学省では、小・中学校におけるLD(学習障害)、ADHD(注意欠陥/多動性障害)、高機能自閉症の児童生徒への教育支援体制の整備のためのガイドラインが設けられています。

 未来のある子どもたちが適正な教育を受け、社会の一員として、豊かで幸せな日々を送ることができるよう、さまざまな取り組みがされています。

 財団法人や一般団体においても、そうした取り組みの一環として、よりよい教育現場の創出のために、指導者が必要とするカリキュラムの制定・資格の創出、勉学の機会を設けています。

 学会連携資格『特別支援教育士(Special Educational Needs Specialist)(略称S.E.N.Sセンス)』は、一般財団法人『特別支援教育士資格認定協会』が認定する、LD・ADHDなどのアセスメントと指導の専門資格です。

 特別支援教育士(S.E.N.S)の養成は、2001年3月から始まり、2004年度までは資格名を「LD教育士」としていましたが、教育支援の対象がLDだけでなく、ADHDなどにも拡大している現状に合わせ、2005年度より新しい資格名となりました。

 現在、関東・関西・北海道・九州・東北の各地区で開催されている養成セミナーには、学校の教員を始め、LD・ADHDなどの児童・生徒の支援にかかわる専門職の人たちが、全国から数多く参加しています。

 特別支援教育士(S.E.N.S)の資格を取得するには、

・連携学会のいずれかの正会員であること

・LD・ADHDなどの関連職種に所定の時間以上従事していることなど

が基本条件です。

 さらに、

・本協会が主催する養成セミナーを受講して、規定のポイントを修得すること

が、求められます。

Elementary School_scarletgreen

Photo by scarletgreen

 現在のカリキュラムでは、概論、アセスメント、指導、特別支援教育士の役割、実習の5つの領域から合計36ポイントを修得することになっています。

 さらに、『特別支援教育士資格認定協会』では、特別支援教育士(S.E.N.S)の資格を取得して2年以上経過した人の中から、

・LD・ADHDなどの研究・指導実践に優れている人

・各地域でLD・ADHDなどの教育・支援活動の中心となっている人

に対して、「特別支援教育士スーパーバイザー(S.E.N.S-SV)」という資格を、授与しています。

 『特別支援教育士資格認定協会』では、S.E.N.S-SVを、専門家チームの一員として、LD・ADHDなどのアセスメントや個別の指導計画の立案・実施に関して、周囲の人たちに指導助言できるよう、さらに教育を進める方針です。

 地域の特別支援教育のリーダーとして十分な実践歴を持つ人材、つまり、特別支援教育の「真のプロフェッショナル」として位置づけ、現場の今を知り、未来に必要なことを創り上げる指導者として認めています。

 そうした方々を中心に、現場の士気を高め、新たなプログラムの開発や、現場の環境向上、国や地方自治体、社会との連携を強めた、真の教育の姿を目指して、日々、努力を重ねています。

※参考資料:
一般財団法人『特別支援教育士資格認定協会』
http://www.sens.or.jp/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする