自分に挑戦!『長野県立総合リハビリテーションセンター』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分に挑戦!『長野県立総合リハビリテーションセンター』

 『長野県立総合リハビリテーションセンター』は、昭和49年に身体に障碍をお持ちの方のためのリハビリテーションセンターとして開設され、現在に至るまで、多くの方々の前向きな取り組みを応援してきました。

 障碍をお持ちの方々が、何でも相談できる『身体障碍者更生相談所』、必要な医療を受けられる『付属病院』、十分な訓練をするための『障碍者支援施設』の3部門を併設し、まさに、総合的な側面からリハビリテーションをサポートしています。

 医療から自宅生活復帰、職業訓練まで、さまに一貫したリハビリテーションを行い、身体に障碍をお持ちの方々の福祉の向上に寄与しています。

 平成18年以降、障碍をお持ちの方々が、地域で自立して暮らせる社会作りを目指し、『障碍者自立支援法』が施行され、障碍をお持ちの方の自立した生活を、総合的に支援する地域福祉の重要性が高まっています。

 『長野県立総合リハビリテーションセンター』は、医師をはじめ、各専門職による技術を結集し、ひとりひとりの障碍の状況に応じた、さまざまなリハビリテーションプログラムを作成しています。

 ご自身の障碍を乗り越え、社会復帰を行ない、豊かで楽しい日々を過ごすために、必要とされる支援を備えた『総合的リハビリテーション』に取り組んでいます。

 麻酔科医、脊椎整形外科医を常勤し、脊椎整形外科、関節整形外科の月間手術件数も50件を数える、『長野県立総合リハビリテーションセンター』。

 神経内科では、高次脳機能障碍をはじめ、脳血管障害などの治療にも、果敢に挑戦しています。

レタス畑_Atsushi Kase

Photo by Atsushi Kase

 総合的なリハビリテーション医療の充実を図り、ノーマライゼーションの理念に基づき、『すべての人が、共に、笑顔で生活できるような社会』を目指し、日々、努力を続けていらっしゃいます。

 リハビリテーションには、理学療法を取り入れています。

 理学療法は、PT(Physical Therapy)ともいい、けがや病気などにより、一時的あるいは長い間に渡り、身体に機能異常・低下・障碍などを生じた時に、 主に基本的動作能力の回復を図り、失われた能力を補うために行なう治療や訓練です。

 理学療法では、動作能力の改善、関節可動域の改善、変形の予防・矯正、全身の耐久性の向上、筋力の維持・増強、疼痛の緩和、日常生活動作の獲得及び改善などの目的で行われます。

 理学療法には、検査・評価、運動療法、物理療法、日常生活動作訓練、補装具・住環境整備・福祉機器の指導などがあります。

 中でも、理学療法の中核をなしているのは運動療法です。

 運動療法では、規則的な運動を行い、身体全体あるいは、局所の機能を改善して、身体の均衡と安定を図ることにより、さまざまな動作の協調性を増大されることを、目的としています。

 障碍の克服・予防、健常な機能の維持・増大などに対して、身体各部に適切な運動を選択して組み合わせ、動作として統合化していくことで、効果を上げていく狙いがあります。

 関節の機能の改善、筋力の増強と持久力の増大、変形の矯正、筋肉・運動、器官の協調性の獲得、運動スピードの増加、巧緻性動作の向上、基本的動作能力の向上などを行います

 最後に、物理療法です。

 物理療法には、水治療法、温熱療法、寒冷療法、電気療法、光線療法、牽引療法などがあり、これらには、運動療法と重なる面や温熱療法と重なる面があります。

 温熱・寒冷・電気・光線療法はいずれも運動療法に対して補助的な役割も果たしています。

 医療を中心に、さまざまなメソッドでリハビリテーションに取り組んでいる現場では、今日も、前向きに挑戦する人々の熱い想いであふれています。

 明日のために、今日も頑張りたいですね。

※参考資料:
『長野県立総合リハビリテーションセンター』
http://www.pref.nagano.lg.jp/xsyakai/reha/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする