手話ができる方もできない方も『ラポート 東京駅店』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手話ができる方もできない方も『ラポート 東京駅店』

 東京駅は、丸の内のオフィスで働く方が、毎日慌ただしく行き来する場所でもあり、観光客が娯楽のために楽しんで利用する場所でもあり、日本の北と南を繋げる基幹駅でもありと、さまざまな目的を有する駅です。

 また最近は、「JPタワー」など、新しい商業施設も新設され、丸の内界隈の賑わいは相変わらず活気を持っているといっていいでしょう。

 とにかく一日の乗車率の多い東京駅は、多くの人で溢れています。

 飲食店も地上にも地下にもたくさん存在しますし、話題のスィーツのお店や日本全国の老舗の名店のデリなど、楽しくワクワクするお店がたくさんあります。

 また、必要なときに、すぐに、欲しいものを購入するキオスクなども、利便性を考慮して駅舎内にたくさん設けられています。

 そんな東京駅の地下にあるのが『ラポート 東京駅店』です。

東京駅_Yuya Sekiguchi

Photo by Yuya Sekiguchi

 『ラポート 東京駅店』は、聴覚に障碍をお持ちの方が店頭で接客するスイーツのお店です。

 『ラポート 東京駅店』の一番の人気商品「雪苺娘」は、もちもちの皮に包まれて、大きなイチゴが丸々1個入っているとってもおいしいスィーツです。

 パンダのケーキは、見た目もかわいく、クリーミーな味わいも絶品の商品です。

 その他にも、会社員の方がまとめ買いをされたり、お土産にされる方も多いのが「フラーデ」というクッキーの詰め合わせです。

 東京丸の内の地下店を、観光で訪れた外国人の方にも「雪苺娘」が大人気となり、今では、店頭に、外国人のお客様が作ってくださった商品説明も飾られているほどです。

 こうしてファンになるお客様もたくさんいらっしゃる「雪苺娘」と『ラポート 東京駅』、どのように商品を購入するかをご説明します。

 お客様は手話ができないヒトもたくさんいらっしゃいますので、基本的には、商品のご注文は店内にあるタッチパネルの注文機を使います。

 また、タッチパネルをご利用にならないお客様のために、紙のオーダー表に記入してもらったりできるよう工夫されています。

 オーダーすると、お店の方がにこやかに商品をご用意してくれます。

 お店は、東京駅地下丸の内線東京駅からJPタワーに歩いている途中にあります。

 地下の通路に突然かわいいお店が登場しますが、360度から見れるように、『ラポート』の文字が見えるように設計されているので安心です。

 是非一度、お店に足を運んで、心を込めてつくっていらっしゃる、かわいくておいしいスィーツを召し上がってみてはいかがでしょうか。

※参考資料:
『ラポート 東京駅店』
ラポート東京丸の内地下店
住所:東京駅丸の内地下1階団体待合せ場所脇
営業日:月~金
定休日:土曜・日曜・祝日
営業時間:9:30~20:45

『ラポート 有楽町店』
住所:有楽町駅構内京橋口改札外正面
営業日:無休
営業時間:9:30~20:45

http://www.wp1.co.jp/shop/laport.html

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする