72時間の余裕があります!

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第117回

 今回は、72時間の余裕について。

 みなさん、こんにちは。

 梅雨入り宣言があったものの急に日差しがカンカンな晴れが続いている今日この頃、嫌でも紫外線が気になっている方、結構多いのではないでしょうか?

 テレビや雑誌の特集などでもこの時期、紫外線対策の話題は多く、例えば日傘をさしていてもどれだけの紫外線を浴びてしまうとか、ちょっとお庭やベランダで洗濯物を干すだけでも大変とか神経質にならざるえない情報も少なくありませんよね。

時間時間時間photo credit: DaveLawler via photopin cc

以外と余裕があるのです

 でもね、紫外線を日焼け止めをつけずに浴びてしまったとしても72時間は猶予があることを覚えておいてください(もちろん油断は禁物ですよ!)

 というのはシミやそばかすの原因になるメラニンが紫外線を浴びてから生成されるまでの間には72時間の時間が必要だとされているのです。ですから例え紫外線を浴びてしまったとしても72時間後にメラニンスイッチが押されるまでの間にスイッチオンの原因となる活性酸素が発生しないように、それから悪さをしないように除去することをすればよいわけです。

 それに役立つのがフィトケミカルと呼ばれる栄養素です。

 代表的なものはトマトやスイカ、ルビーグレープフルーツに多く含まれるリコピンやにんじんなど緑黄色野菜に含まれるβカロテン、それからブルーベリー、ナスなどに含まれるアントシアニンに鮭、いくら、蟹、エビに含まれるアスタキサンチンなどです。お茶に含まれるカテキンやタンニンなどもいいですよ。

 例えばトマトジュースや野菜ジュース、それからお茶などなら街中を歩いていてもコンビニなどですぐに購入出来ますからうっかり日焼け止めを塗らないで出かけてしまったとか、汗をたくさんかいて日焼け止めが流れちゃったとか、日傘を忘れてしまったなどとにかく“紫外線ピンチ”になってもすぐに対処出来ますから安心ですよね。

 もちろん日焼け止めを塗ってる状態や日傘をさしている状態でもW効果でこれらの栄養素を多く含む食材を摂取することは推奨されますのでぜひ常に意識するようにしてみてください。

 それにしても今年の夏も暑くなりそうですね・・・

飯野耀子 NPO法人日本ハーブ振興協会主席研究員、Beauty Park編集局編集長
元AllAbout食育ガイド。健康管理士、薬膳料理指導員、
食育指導士など多数の資格を保有。FANCL発芽玄米粥の監修も務める。
著書に『キャロットパワーdeビューティ&ダイエット』(講談社)
『夜トマトダイエット』(ぶんか社他、台湾版、中国版、韓国版)
『合格への食卓』(扶桑社)がある。飯野耀子公式サイトはこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする