すべての人にスポーツを!『一般社団法人 日本パラリンピアンズ協会』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すべての人にスポーツを!『一般社団法人 日本パラリンピアンズ協会』

 『パラリンピアン』という言葉をご存知ですか?

 『パラリンピアン』とは、パラリンピック競技大会に出場したご経験のある選手や、元選手の総称のことをいい、『国際パラリンピック委員会』(IPC)も使用しているほど、障碍に関連する言葉として広く使用されています。

 『国際パラリンピック委員会』が、年に3回発行している公式マガジンのタイトルは「The Paralympian(パラリンピアン)」といい、ここでもそのまま使われているくらいです。

 オリンピック競技大会への出場経験者については「オリンピアン」と呼ばれ、そちらは、日本ではNPO法人「日本オリンピアンズ協会(OAJ)」が活動しています。

 また、『一般社団法人 日本パラリンピアンズ協会』とは、パラリンピックに日本代表として出場した経験のある選手有志による選手会のことをいいます。

 2003年に発足し、2010年2月12日に法人格を取得、一般社団法人としてさまざまな取り組みを行なっています。

 世の中の方々とともに、また、パラリンピアンズ同士が繋がることで、国内外のスポーツ団体、アスリートたちと連携しながら、「Sports for Everyone」=「誰もがスポーツを楽しめる社会」の実現に向けて活動しています。

Paralympic Games_Liam Daly

Photo by Liam Daly

 『一般社団法人 日本パラリンピアンズ協会』が目指す「Sports for Everyone」とは、障碍をお持ちで有る無しにかかわらず、誰もがスポーツを楽しめる社会の実現であり、そのための活動を多くの方と協力して行っています。

 ひとことで『パラリンピック』といっても、競技種目やそれぞれの障碍の違いがあります。

 それらすべてを飛び超えて、パラリンピックに出場した経験のあるすべてのアスリートが、それぞれの競技を代表し、お互いに結びつきを強めて、業界の発展、後進の育成に取り組んでいます。

 そのためにも、パラリンピックに出場した経験を持つアスリートたちが、自らの経験を生かし、さらに自らの能力を高めることで、『パラリンピアン』として社会に貢献しています。

 『パラリンピアン』は、世界中に存在しています。

 国内外を問わず、さまざまな立場のアスリートとのつながりを深めるために、オリンピック選手(オリンピアン)や海外のパラリンピアンなど、多くのアスリートと協力して、スポーツのすばらしさを伝えたいと考えています。

 まずは、パラリンピックについて正確な情報を共有することが大切です。

 経験者である「パラリンピアン」の役割を認識し、正しい情報を発信していくよう努め、多くの方の理解を得ることで、障碍をお持ちの方の明日への勇気が生み出されれば素晴らしいことです。

 『一般社団法人 日本パラリンピアンズ協会』は、パラリンピック選手、そしてスポーツ全般への支援、共感、協力の輪が広がることを願い、今後も、パラリンピアンはじめ、障碍をお持ちの選手が安心して競技に打ち込める環境を整えるため、広く社会に働きかけていきます。

※参考資料:
『一般社団法人 日本パラリンピアンズ協会』
http://www.paralympians.jp/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする