交通事故障碍に特化『交通事故後遺障碍相談.com』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故障碍に特化『交通事故後遺障碍相談.com』

 遠くの人に話しかけるときには電話があります。

 歩いていくよりも早く目的地に着きたい場合は、車や電車、飛行機があります。

 目的に合わせて文明の利器が発達し、いつもの半分の時間でさまざまなことに取り組めるようになっているのが現代です。

 しかしながら、そうした交通機関はともすると不慮の事故につながり、状況に応じては後遺症として日常生活に影響を及ぼす場合があります。

 交通事故の行為障碍、むちうち症、高次脳機能障碍などの後遺症で悩まれる方をサポートしているのが、『交通事故後遺障碍相談.com』です。

traffic accident_tedkerwin

Photo by tedkerwin

 『交通事故後遺障碍相談.com』では、適正な損害賠償を受けるために、正確な後遺障碍等級認定からはじまり、確かな医療調査と異議申し立て手続きで、納得のできる解決をサポートしています。

 交通事故において不幸にして後遺障害が残った場合、その等級認定が適切か検証することはとても大切です。

 事故によって後遺症が発生し、障碍に取り組んでいくためには、病院での適切な診療を受けたり、障碍を克服するためのリハビリ施設や学校に通う必要があります。

 また、車椅子のレンタルや住宅のバリアフリー化など、快適な日常生活を取り戻すために適切な補助のために保険などの適用を受ける必要が出てきます。

 事故は誰にでも突発的に起こるもので、保険の対応などについて、専門家から定款などを提示されるとなかなかこちらの想いや怪我の症状を伝えることは難しくなります。

ましてや、後遺症に悩まされる場合、すぐれない体調の中で、未来の人生についてしっかりと指針を示し、保障について話し合い、取り組んでいくことは容易なことではありません。

 交通事故の場合、代表的な事例として、損害賠償が変化したケースがいくつかあります。

・頸椎捻挫の場合、非該当から14級に認定

(慰謝料が0円から75万円(自賠責基準)に変化)

・脳髄液減少症の場合、非該当から14級に認定

(慰謝料が0円から75万円(自賠責基準)に変化)

・第2第3中指骨基部骨折および立方骨骨折の場合、非該当から併合11級に認定

(慰謝料0円から331万円(自賠責基準)に変化)

・膝蓋骨骨折の場合、14級から12級に認定

(慰謝料75万円から224万円(自賠責基準)に変化)

・上腕骨近位端骨折の場合、12級から10級に認定

(慰謝料224万円から461万円(自賠責基準)に変化)

・頭部外傷後遺症の場合、3級から随時介護2級に認定

(慰謝料2219万円から3000万円(自賠責基準)に変化)

・高次脳機能障害の場合、随時介護から常時介護に認定

(慰謝料3000万円から4000万円(自賠責基準)に変化)

など、『交通事故後遺障碍相談.com』ではさまざまなケースを詳しく紹介しています。

 事故に合ってしまうと、今の状況を改善することも大切ですが、障碍を抱えながらこれからの人生をどのように取り組んでいくか長期レンジでの視野も重要です。

 身体の障碍の状況を受け入れて、明日に向かって一歩を踏み出すのは、しっかりとした保証が欠かせません。

 また介護に取り組む家族のためにも、自治体のサポートに加えた保険からの介助が大きな支えとなります。

 もしものときのために、普段から『交通事故後遺障碍相談.com』のサイトを閲覧し、何かあった場合に大きな支えとして相談したいですね。

※参考資料:
交通事故後遺障碍相談.com
http://www.kouishou.com/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする