多くの方に希望を与えてきた歴史!『日本聴力障碍新聞』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの方に希望を与えてきた歴史!『日本聴力障碍新聞』

 『日本聴力障碍新聞』をご存知ですか。

 『日本聴力障碍新聞』は、1948年5月1日に創刊され、創刊当時は「日本聾唖新聞」という紙名で、タブロイド2頁の情報誌として発行されていました。

 当時は月刊で、発行部数は約300部、購読料は年間60円でした1949年6月1日には「日本聾唖ニュース」と改題するとともに、購読料は120円になりました。

 1950年1月号からページ数が4ページに増え、1952年1月号から『日本聴力障碍新聞』と改題し、この紙名が現在までずっと続いています。

 1957年6月1日から、全日本ろうあ連盟の機関紙になりました(実は、それまでは、個人の経営する新聞でした)。

 1974年1月1日には、編集部において専従の職員(ろう者)の方を採用、読者の拡大運動が組織的に取り組まれます。

 1985年5月1日には、念願の読者1万人を突破、読者拡大の組織活動が強化され、1990年5月1日には読者1万5,000人にまで達したのです。

 1993年10月1日には購読料が3,000円に改定され、1996年5月1日には読者が2万人を突破するなど、さらに躍進を続けていきます。

 1997年1月号からカラー印刷を、新年号の1面、12面において試行します。

 現在の全国有料読者数はさらに増えまして、約2万4,000人にまで上っています。

 『日本聴力障碍新聞』は、ろう者に対する差別や偏見をなくし、ろう者の人間としての人権を守り、社会参加と平等を推進することに取り組んでいます。

 こうした運動の中核を担ってきたのは、50年を超える歴史をもつろう者の全国組織である『全日本ろうあ連盟』です。

newspaper_Jon S

Photo by Jon S

 『日本聴力障碍新聞』は、全日本ろうあ連盟の機関紙として、全日本ろうあ連盟の運動方針に沿って発行されています。

 『日本聴力障碍新聞』は、真実を守り、すべてのろうあ者に親しまれ、愛されるよう努力しています。

 また、『日本聴力障碍新聞』は、すべてのろうあ者の社会的地位の向上に貢献し、ろうあ者への理解をひろめ、ろうあ者の真の幸福を追求するよう努力しています。

 編集方針においても、連盟組織の機関決定方針に従い、運動の目標、方向を示すことや、運動を組織する「紙」の武器として、真実を伝え、運動の「きっかけ」をつくり、運動の「起爆剤」となることが盛り込まれています。

 『日本聴力障碍新聞』の運動の成果を伝え、運動との原因・結果の関係を明らかにし、運動のさらなる発展に結びつけることや、会員相互の団結を強め、社会との連帯を深めることも定められています。

 『日本聴力障碍新聞』は創刊当初から、ろう者の活動や社会参加を拒むものに立ち向かい、世論を喚起し、社会的不公平を是正する役割を担ってきました。

 風疹児童を対象に設置された沖縄県立北城ろう学校の硬式野球部を、学校教育法の規定「ろう学校」という理由だけで加盟拒否した問題や、ろう者の教員志願者の教員採用規定について、ろう者を海外旅行に関する諸問題など、事実を把握し、報道することによって世論に問いかけ改めてきました。

 『日本聴力障碍新聞』の報道活動によって、多くのろう者の方々が希望を胸に抱き、明日の幸せに向って元気に明るく努力をする勇気や、強力な力添えを行いあたたかく見守る社会環境の整備などが精力的に行われてきました。

 こうした関係者の運動により『日本聴力障碍新聞』の組織も発展し、社会との結びつきを強め、今も変わらず力強い連帯を深めています。

 こうした『日本聴力障碍新聞』などの社会のバックアップがあってこそ、ひとりひとりの毎日がおだやかに守られているのだと思います。

※参考資料:
『日本聴力障碍新聞』
http://jdn.jfd.or.jp/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする