子供たちにチャレンジを!『リーフラスチャレンジ』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供たちにチャレンジを!『リーフラスチャレンジ』

 『リーフラスチャレンジ』が、障碍者スポーツ支援事業として、子供たちのココロに体力をコンセプトにさまざまな活動に取り組んでいます。

 障碍者スポーツ支援事業は、「スポーツを通して、子どもたちが激動する社会をタフに生き抜く力を育てたい」という理念のもと、障害児向けスポーツ指導の展開を目的として設立されました。

 小中学校や地域の体育館で体験会や特別授業、講演を行い、障碍者スポーツを知るとともに、体験していただく活動を行っています。

 地域の子供たちとのゴールボール体験やスポーツ指導者への研修、中学校での道徳授業への参加などをしてきました。

 障碍をお持ちのお子さまや、障碍者アスリートの育成には、専属コーチやトレーナーが必要ですが、良きコーチやトレーナーに恵まれることは非常に困難です。

 障碍をお持ちの方のスポーツであるゴールボール選手に、足立阿記子選手がいらっしゃいます。

 足立選手も学校に授業にいくなどしてゴールボールの普及につとめながら、後輩の育成やご自身の練習、ゴールボールの認知拡大に取り組んでいます。

Photo by keyaki

 ゴールボールとは、視覚障害者が行う対戦型スポーツです。

 1チーム3名の選手が鈴の入ったボールを投球して攻撃したり、鈴の音を頼りに身体全体を使ってセービングをするなどの攻防を行い、得点を競い合います。

 視力の程度に関わらず、アイマスクを装着してプレーするスポーツで、第2次世界大戦で視力に障碍をお持ちのなられた傷痍軍人のリハビリテーションプログラムとして考案されたスポーツです。

 足立選手は、福岡・東京を中心に、大会や全日本女子GB強化合宿など、各地で開催される大会や合宿に参加しています。

 また足立選手の場合、リーフラス社員の糸山貴美子指導員が専属となり、世界で頂点を目指す障害者アスリートのトレーニング指導を行っています。

 選手だけの努力で選手成績を伸ばしていくのには、どの選手にも限界があります。

 技術面、精神面、食事面など、さまざまな方向から多くの方のサポートを受けることで、その力を数倍にもなり、持って生まれた力と練習でつくった成果が結集して強い選手が完成します。

 リーフラスチャレンジでは、力をもっと発揮したい、スポーツの精度を上げたいと考えている障碍をお持ちのアスリートをはじめ、障碍をお持ちの方のスポーツの社会的認知度を向上し、福祉社会の土壌をひろめるためにさまざまな取り組みを行っています。

 小学校や中学校へスポーツ指導をしにいくのも、小さい頃から障碍をお持ちの方のスポーツについての理解を広める目的があります。

 多くの方が、障碍をお持ちのアスリートの活動に理解し、活動をさまざまな形でサポートできるように社会全体として考えていくことが重要です。

※参考資料:
『リーフラスチャレンジ』
http://www.leifras.co.jp/challenge/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする