扇風機生活、おススメです

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第119回

 今回は、扇風機のススメについて。

 みなさん、こんにちは。

 今年も折り返し地点、来てしまいましたねぇ。本当に大人になると日々の過ぎるのが早くて仕方ないと思いませんか?小学生の頃など、なかなか夏休みが来なくてもどかしかったのに(笑)

 さてそんな7月。今年は6月の梅雨もあまり雨が降らず、また真夏日?といった日も結構あり、ビルなど時々寒いほどの冷房が入っていることがありますが、みなさんのお宅ではクーラー、使われていますか?

 我が家では今年、扇風機を買いました。これからの猛暑はクーラーを使うかもしれないのですが今のところ、これで十分。夜など肌寒いくらいの日もあるくらいで予想以上に扇風機って気持ちのよいものだなと思ったり。この夏はなるべく扇風機で過ごせたらいいなと思っています。

扇風機photo credit: mrehan via photopin cc

気持ちよさそう〜

 因みに健康や美容という意味ではクーラーと扇風機では体の冷え具合が違います。最近では夏になるとこぞって女性誌が夏の冷え性対策特集を組むのもクーラーによる冷えが要因のひとつです。昨今よく話題に上る不妊の問題などもひとつは冷えから来ているといわれているので女性は特に気をつけたいですね。そういった意味では空気を回すだけの扇風機はクーラーと併用でもしない限り、体を冷やすほどの影響はよっぽど背中近くで風を浴び続けでもしない限り、あまり心配しなくていいといえます。また冷房することで除湿もするクーラーに比べると扇風機だけの方が肌の乾燥ダメージも少なくなります。ただ扇風機も風による乾燥はあるので扇風機派でもやはり保湿はしっかりしてください。美肌ということだけでなく肌のバリア機能を健全にするためにも保湿は必要なことなので。

 そしてクーラーではなく扇風機を使うことの一番の魅力は電気代です!

 機種やKW数、設定温度などによって誤差が出るので絶対値ではありませんが、おおまかにいって同じ時間使ったとすると扇風機はクーラーの30分の1の電気代で済むそうです。30分の1って凄くないですか?

 今のところ、今年は夏の節電目標に数値は特に出ないようですが身の回りにあるものがあれもこれも電気を必要とする生活ですからね。心地良く節電、節約が出来るのであれば扇風機を使わない手はないように思います。

 既にお持ちで眠っているという方はぜひ、活用を!そして購入を検討されている方はぜひいますぐ家電のお店へ!

 そのくらい扇風機生活、おススメです♪

飯野耀子 NPO法人日本ハーブ振興協会主席研究員、Beauty Park編集局編集長
元AllAbout食育ガイド。健康管理士、薬膳料理指導員、
食育指導士など多数の資格を保有。FANCL発芽玄米粥の監修も務める。
著書に『キャロットパワーdeビューティ&ダイエット』(講談社)
『夜トマトダイエット』(ぶんか社他、台湾版、中国版、韓国版)
『合格への食卓』(扶桑社)がある。飯野耀子公式サイトはこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする