日頃の成果を出し切ろう!『デフリンピック』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日頃の成果を出し切ろう!『デフリンピック』

 4年に一度のオリンピックの開催国を決めるため、オリンピック開催地に立候補した国は、さまざまなプレゼンテーションを繰り広げています。

 身体に障碍をお持ちの方のオリンピックのことを『パラリンピック』というのに対し『デフリンピック(Deaflympics)』は、ろう者のオリンピックのことをいいます。

 夏季大会は1924年にフランスで、冬季大会は1949年にオーストリアで初めて開催されました。

 障碍の当事者であるろう者自身が運営する、ろう者のための国際的なスポーツ大会であり、参加者が国際手話によるコミュニケーションで友好を深められるところに大きな特徴があります。

 『デフリンピック』への参加資格は、補聴器をはずした裸耳状態での聴力損失が55デシベルを超えている者で、各国のろう者スポーツ協会に登録している者とされています。

 ま競技中に補聴器を装用することは禁止されていますが、これは身体の安全を確保する観点によるものです。

 『デフリンピック』を運営する組織は、国際ろう者スポーツ委員会(International Committee of Sports for the Deaf)で、1924年の設立以来、『デフリンピック』やろう者世界選手権大会の開催、そして各国のろう者スポーツの振興など、着実な取り組みを続けており、現在、104カ国が加盟しています。

 国際パラリンピック委員会(International Paralympic Committee)が1989年に発足した当時は、国際ろう者スポーツ委員会も加盟していました。

 しかし、『デフリンピック』の独創性を追求するため、1995年に組織を離れ、そのため、『パラリンピック』にろう者が参加できない状況が続いています。

Deafympics_mingyang su

Photo by mingyang su

 『デフリンピック』の独創性は、コミュニケーション全てが国際手話によって行われ、競技はスタートの音や審判の声による合図を視覚的に工夫する以外、『オリンピック』と同じルールで運営される点です。

 『パラリンピック』がリハビリテーション重視の考えで始まったのに対し、『デフリンピック』はろう者仲間での記録重視の考えで始まっています。

 しかし、現在は両方とも障碍の存在を認めた上で競技における卓越性を追求する考えに転換しています。

 『デフリンピック』に参加する世界中のろう者は、主として『国際手話』を使ってコミュニケーションを図ります。

 各国の手話は、それぞれに歴史があり違いがあるので、国際交流の中で世界中に通じる手話が作られてきたのです。

 『デフリンピック』は、『オリンピック』の理想に則って、Per Ludos Aequalitas (ペル・ルードス・エーカリタス=スポーツによる平等)の誓いを心に抱き、ろうのスポーツ選手たちが、競技の最高峰を目指して努力することを、『デフリンピック精神』として、尊び、大切に育んでいます。

 夏季および、冬季『デフリンピック』が、成功裏に組織されるよう監督し、草の根大会から権威ある競技大会まで、あらゆるレベルのスポーツ競技において、ろうスポーツ選手の参加を促進し、機会を拡大するよう取り組んでいます。

 『デフリンピック』の開発・促進に役立つあらゆる教育、文化、研究・科学などの活動を支援し奨励するとともに、世界アンチドーピング機構(WADA)と連携し、ろうのスポーツ選手のために、ドラッグ・フリーな(薬物のない)スポーツ環境を完全に実現するよう努めています。

 『デフリンピック委員会』は、政治、宗教、経済、障碍、性別、もしくは人種を理由にした、差別のないスポーツ環境を、ろうのスポーツ選手のために促進、つまり、より高い完成度をめざし、優れた競技者の多数を育成にも貢献しています。

 十分な国際的認知のもと、財政の拡大と安定化とともに、効率的かつ効果的な組織として『デフリンピック』の更なる飛躍とスピリッツの継承に、これからも尽力していきます。

 『デフリンピック』にこれからも注目していきたいですね。

※参考資料:
『デフリンピック』
http://www.jfd.or.jp/deaflympics/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする