福祉について学ぶなら『浦和大学』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福祉について学ぶなら『浦和大学』

 将来のために学校でさまざまな勉強を積み重ねる学生がたくさんいらっしゃいます。

 介護分野についても社会的なニーズなども年々増え続け、学生が学ぶ分野としても非常に人気が高く、多くの学校が介護についての授業内容を増やしています。

 浦和大学は創立者・九里總一郎が掲げた『実学に勤め徳を養う』を建学の精神として、少子高齢化社会に対応できる、心温かい福祉従事者や人間性豊かな保育者の育成を目指しています。

 大学を母体とする社会福祉法人浦和福祉会が特別養護老人ホーム「スマイルハウス」と児童養護施設を運営しています。

 両施設は学生に実習・ボランティア活動の良い機会を与えるだけでなく、実践と研究を結びつける機会となっており、他の教育機関にない『浦和大学』の特徴となっています。

 浦和大学の総合福祉学部は、人間理解に基づき、広く福祉に関する専門的な学術理論と技能を修得するとともに、現代の多様化する福祉需要に対応するため、医療・保健・福祉の包括的連携を視野に入れた実務能力の高い総合福祉を担う人材を養成することを目的とし、福祉社会の充実と発展に貢献することを使命としています。

 介護福祉科においては、「実学に勤め徳を養う」の建学の精神に則り、介護福祉に関する専門知識と技術を修得するとともに、介護を必要とする者に対する人間理解・尊厳の保持、介護実践の基盤となる豊かな人間性を培い、福祉従事者として社会を支え福祉文化の創造に貢献し得る質の高い福祉実践人材を養成することを目的としています。

 その他、こども学部では、広くこどもに関する専門的な知識理論を修得し、こども理解、人間理解をより深めるとともに、実践力を磨き、資格取得を通じて複雑化する現代の子育てニーズに十分応え、保育、社会福祉、幼児教育に精通して地域社会に貢献する人材を養成することを目的とし、こどものより良き生活環境の基盤構築に取り組んでいます。

 中でも、総合福祉については、高齢者、障碍をお持ちの方やその家族が直面している生活上の諸問題を的確に把握し、身体的・精神的・社会的・職業的・経済的なすべての面から包括的な援助をめざします。

 そのために、高等学校における基礎的・基本的な知識・技能を習得し、それぞれの教科の知識・技能を活用して、課題解決的な学習や探求活動へと発展させることができる人を求め指導しています。

さいたまアリーナ_shi_k

Photo by shi_k

 福祉の専門的知識および援助技術を中心として、医療・保健分野、経営・情報分野、心理分野にわたる幅広い知識を習得し、それらをマネジメントする能力を培い、総合的・包括的な福祉支援の実力を身に付けることはとても重要です。

 生活上の諸問題を的確に把握し、福祉と保健・医療の包括的協調により、身体的・精神的・社会的・職業的・経済的なすべての面から全人間的生活を支えるという、豊かな人間性に支えられた福祉活動の一翼を担うためには専門分野に関する知識がベースになると考えています。

 深い人間理解と使命感のもとに、福祉施設や地域社会で活躍することを通じて、福祉社会の充実と、福祉の利用者を含めたすべての人々が、その個性に基づき共に創造する福祉の実践に寄与できているのかを常に確認しています。

 また相談援助の能力に加え、介護技術や家事援助、家族関係の調整、福祉ビジネスのマネジメント、情報処理等々の幅広い能力を高め、利用者の多様な福祉ニーズに応える実務能力を習得していることなど、将来の日本の介護、障碍をお持ちの方の環境を高めるための活動をしています。

 『浦和大学』では、福祉に関する通信教育もスタートしました。

 学校から離れた場所からでも、福祉に関する学びができるよう勉学の門を開放している浦和大学にこれからも社会の注目も集まっています。

※参考資料:
『浦和大学』
http://www.urawa.ac.jp/
ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする