精神も身体も鍛えていこう!『日本障碍者柔道連盟』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

精神も身体も鍛えていこう!『日本障碍者柔道連盟』

 日本の国技にはさまざまあります。

 相撲、剣道、柔道・・・、どの競技も身体だけでなく精神も含めて鍛錬する素晴らしいスポーツばかりです。

 日本の国技ではありますが、今では海外でも愛されるスポーツとなり、どのスポーツも競技人口が増え続けています。

 世界中の方が日本の国技に親しみ、身体と精神を鍛練していらっしゃる姿を拝見することはなんだか清々しい気持ちになりますね。

 障碍をお持ちの方もともに国技を楽しめるように、さまざまな取り組みが行われています。

 例えば柔道の場合は、『日本障碍者柔道連盟』を立ち上げ、精力的に活動を行っています。

柔道場_misawakatsutoshi

Photo by misawakatsutoshi

 柔道は、嘉納治五郎師範により、1882年(明治15年)に「講道館柔道」が創始されて以来、瞬く間に日本全国はもとより世界中に広まり多くの愛好家を生み出してきました。

 柔道は、健常者と視覚に障碍をお持ちの方が、あまり工夫をせずとも練習や試合ができることから、視覚に障碍をお持ちの方が、健常者の中に混じって練習をしていたという古くからの歴史があります。

 視覚に障碍をお持ちの方の柔道は、基本的に健常者の柔道とあまり違いはありません。

 段位も、健常者と同様に、講道館で取得します。

 競技は、障碍の状況や程度によって区分をせず体重別で行われ、試合規定は国内大会も国際大会も全てIJF(国際柔道連盟)試合審判規定、IBSA(国際視覚障碍者スポーツ協会)柔道試合規則、及び大会申し合わせ事項によって行われています。

 特に、この規定と異なる場合は下記になります。

・試合は、両者がお互いに組んでから主審が「はじめ」の宣告をします。

・試合中に、両者が離れたときは主審が「まて」を宣告し、試合開始位置に帰ります。

・場外規程は基本的に適用していません。但し、故意に利用した場合には、障碍の程度に関係なく適用されることがあります。

また、試合への参加資格は、国際ルールで決められています(IBSAによるクラス分けの等級に該当する者)

<参加視覚>

・B1:両眼とも光覚まで。ただし、如何なる距離または方角からも、手の形は識別不能。

・B2:手の形の識別から2/60、または視野狭窄5度未満。

・B3:視力2/60から6/60まで、および(又は)視野狭窄5度以上20度未満。

※B1、B2、B3の選手は一緒に試合を行い、区分は体重別で行われています。

 1981年にIBSA(国際視覚障害者スポーツ協会)が結成されてから、世界選手権、 地域選手権(アジアはフェスピック・アジアパラリンピック)、パラリンピックなどの国際大会が盛んに行われるようになりました。

 1986年に『日本視覚障碍者柔道連盟』が設立された年に、第1回全日本視覚障碍者柔道大会が開催されます。

 この記念すべき大会を期に、パラリンピックをはじめ多くの国際大会 に選手を派遣し、輝かしい結果を残しています。

 今後も、視覚に障碍をお持ちの方の試合への意気込みや世界大会への挑戦、また、『日本障碍者柔道連盟』の活動にも注目していきましょう。

※参考資料:
『日本障碍者柔道連盟』
http://judob.or.jp/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする