だれでも、みんなで、一緒に!『日本フロアホッケー連盟』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

だれでも、みんなで、一緒に!『日本フロアホッケー連盟』

 『フロアホッケー』をご存知ですか?

 フロアホッケーは、スペシャルオリンピックスの競技の中でも、最も古い競技のひとつで、カナダでアイスホッケーとリンゲッティー(Ringette)という二つのスポーツから作られたものです。

 アイスリンクのできない地域でもできるようにと、スペシャルオリンピックスがルールを独自に考案して生まれた、冬季の公式スポーツ競技です。

 2005年2月に長野で開催された、2005年スペシャルオリピックス冬季世界大会では、大会競技中最大の49の国と地域、800人を越えるアスリートが参加した人気の競技です。

 フロアホッケーのルールは、1チームは最低11人~最大16人までで構成され、ゴールキーパーを含めて6名のプレイヤーがコートで競技を行います。

 直径20cmの穴の空いた「パック」を「スティック」で操り、相手側のゴールに入れます。

 1ゲーム3ピリオド(1ピリオド9分)で、相手より多く点を上げたチームが勝ちです。

 1ピリオドには3ライン(1ライン3分)あり、ライン毎に選手が交代します。

 コートは、通常の木製のフローリングの上で競技を行えるため、学校や公民館の体育館などの空いたスペースで誰でも気軽にできるスポーツで、コートは、最大15m×30m、最小 12m×24mになります。

 体力、年齢等によってグループ分けをして、子どもからシニアまで、誰にでも楽しむことができます。

Photo by soteamusa

 2005年、長野で開催されたスペシャルオリンピックス冬季世界大会において、皇太子殿下並びに安川英昭大会実行委員長が、「この大会を機に、知的障碍をお持ちの方々の社会参加が進んで、誰にも開かれた、温かみのある社会が創造されることを希望します」とご挨拶されたことがきっかけとなり、同年、「日本フロアホッケー連盟」が設立されました。

 フロアホッケーという新しいユニバーサルスポーツの普及と、その理念の浸透に努めることで、知的発達障碍をお持ちの方々のスポーツとして始まった競技が、すべての人から愛されるスポーツとして発展しています。

 これは他に類をみない大変意義深いことであり、フロアホッケーに関わる方々すべての夢であり願いを実現しています。

 今では活動は全国各地に広がり続け、2008年には山形、2010年には長野に支部を設立し、さらにNPO法人化を機に全国的な事業展開と、継続的な普及・啓発活動を推進に取り組んでいます。

 『日本フロアホッケー連盟』では、平成21年に独立行政法人福祉医療機構の助成を受け、「誰でも、どこでもDoスポーツ体験交流事業」を実施しました。

 この事業は、フロアホッケーを通じて、障碍をお持ちの方とない方との交流や相互理解を推進する取り組みをしています。

 『日本フロアホッケー連盟』は、誰にでもひらかれたユニバーサルな社会の実現に向け、積極的な活動を行っています。

 年齢や性別、障碍の有無などに関わらず、それぞれの体力や技能レベルに応じて皆が楽しめるチームスポーツです。

 競技性の追求以上に、あらゆる差異を越えた混成チームを増やして交流を図ることが、地域社会の絆の再生、笑顔あふれるインクルージョン社会の創造に寄与すると考えます。

 「誰もが大切な存在である」と認め合う温かい社会の実現を目指して、フロアホッケーの講師派遣、試合開催、大会運営なども積極的に行っています。

 webサイトに掲載されている情報を確認して、ぜひ一度、試合の応援にでかけてみてはいかがでしょうか。

※参考資料:
『日本フロアホッケー連盟』
http://w2.avis.ne.jp/~fhjapan/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする