セルプの活動を応援!『全国社会就労センター協議会』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セルプの活動を応援!『全国社会就労センター協議会』

 『全国社会就労センター協議会』は、昭和52年に全国の障碍をお持ちの方の働く施設(旧法授産施設)関係者が大同団結して結成された組織であり、『社会福祉法人 全国社会福祉協議会』に事務局を置いて活動しています。

 全国約1,700施設・事業所が『全国社会就労センター協議会』に加盟し、全国7つのブロック(北海道、東北、関東、東海北陸、近畿、中国四国、九州)と、47都道府県中46か所に地方組織が設置されています。

 会員施設・事業所および、『ブロック・都道府県社会就労センター協議会』とのネットワークを軸に、厚生労働省や国会等への社会就労センター関係制度の充実や制度改善・予算に関する要望活動を行っています。

 社会就労センターのあり方の検討をはじめとする委員会活動や社会就労センターの職員や事業の向上を目指し、各種大会・研修会の実施や調査活動にも取り組んでいます。

 障碍をお持ちの方の工賃アップなど、就労環境の改善を目指して、広く社会に対して、社会就労センターの活動を展開しています。

 2000年、『全国社会就労センター協議会』にて、「特定非営利活動法人 日本セルプセンター設立総会」が開催されました。

 従来の中央セルプセンターの事業を引き継ぐとともに、独立した法人として、全国の社会就労センターのための共同事業(共同受注の斡旋、障碍をお持ちの方等による生産製品の販売等)を実施し、かつ広く一般の人々に社会就労センター(授産施設)の存在を知らせ、社会就労センターや障碍をお持ちの方の社会就労活動への支援を広げていくことを目的としています。

 現在、500あまりの施設が会員となり、共同受注、販売促進、商品開発援助等を行っています。

Photo by tablexxnx

 1995年から、授産施設に変わる新しい名称として、『社会就労センター:SELP(セルプ)』と改称しました。

 『セルプ』というのは、英語の Self-Help「自助自立」から作られた造語です。

 障碍をお持ちの方など、社会的ハンデを持つ人たちを取りまく現在の社会的環境は、必ずしも満足できるものではありません。

 その中でも、自分なりの働き方で社会に貢献しながら自分たちの生活を作り出す「自立」が、『セルプ』の最大の目的なのです。

 『セルプ(授産施設)』とは、障碍をお持ちなどの理由により、一般企業で働くことが難しい方々が、リハビリや職業訓練も含めて働き、社会参加を実現している社会福祉施設です。

 一人ひとりの個性や能力に合わせて自立生活するための作業や訓練を行い、豊かな人生を歩むための活動に取り組んでいます。

 現在、日本には約2,900のセルプがあり、心身に障碍をお持ちの方や、自立生活能力に障碍をお持ちの方々が約9万人働いています。

 『セルプ』では、様々な仕事に取り組んでいます。

・印刷やクリーニング、縫製等の事業

・伝統工芸品、織物、陶磁器、家具製造等の職人的作業

・パンやクッキー等の食品関連

・ポーチ類等の手作り布製品の製作

・木工パズルなどの木工製作

 仕事は実にバラエティーに富んでいます。

 自主製品の概要については、『セルプ製品案内』などがwebサイトに掲載されているので参考にされてみてください。

 また、セルプデータベースでは、セルプごとの詳細もご覧いただくことができます。

 障碍をお持ちの方々がセルプの仕事内容を確認し、自分らしさが発揮できる就労環境に巡り合うサポートをするために、今後も『全国社会就労センター協議会』の取り組みに期待したいですね。

※参考資料:
『全国社会就労センター協議会』
http://www.selp.or.jp/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする