全国に広がる『発達障碍情報・支援センター』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国に広がる『発達障碍情報・支援センター』

 発達障碍をお持ちの方やお子さまへの支援を総合的に行うことを目的とした専門的機関として、さまざまな活動に取り組んでいるのが『発達障害者支援センター』です。

 都道府県や指定都市、または都道府県知事等が指定した社会福祉法人、特定非営利活動法人等が運営を行っています。

 発達障碍をお持ちの方やお子さま、そのご家族が豊かな地域生活を送れるよう、保健、医療、福祉、教育、労働などの関係機関と連携し、地域における総合的な支援ネットワークを構築しています。

 発達障碍をお持ちの方やお子さま、そのご家族からのさまざまな相談に応じ、指導と助言を行いながら、サポート活動に取り組んでいます。

Photo by kawanet

 人口規模や面積、交通アクセス、既存の地域資源の有無や自治体内の発達障碍者支援体制の整備状況などにより、全国に広がる各センターの事業内容には地域性があります。

 相談に行かれる際には、詳しい事業内容などを事前に地域の発達障害者支援センターに問い合わせされることがおすすめです。

 『発達障碍者情報・支援センター』の役割は、主に4つあります。

<相談支援>

 発達障碍をお持ちの方やお子さま、そのご家族、関係機関等から、日常生活でのさまざまな相談(コミュニケーションや行動面で気になること、保育園や学校、職場で困っていること)などに応じています。

 必要に応じて、福祉制度やその利用方法、保健、医療、福祉、教育、労働などの関係機関への紹介も行っています。

<発達支援>

 発達障碍をお持ちの方やお子さま、そのご家族、周囲の人の発達支援に関する相談に応じ、家庭での療育方法についてアドバイスしています。

 知的発達や生活スキルに関する発達検査などを実施し、発達障碍をお持ちの方やお子さまの特性や状況に応じた療育や教育、支援の具体的な方法について、支援計画の作成や助言を行います。

 その際には、児童相談所や知的障碍者更生相談所、医療機関などと効果的に連携を図り、スムーズなサポートを関係機関が連携して行えるよう環境づくりに配慮します。

<就労支援>

 就労を希望する発達障碍をお持ちの方やお子さまに対して、就労に関する相談に応じるとともに、公共職業安定所、地域障碍者職業センター、障碍者就業・生活支援センターなどの労働関係機関と連携して情報提供を行います。

 『発達障碍情報・支援センター』のスタッフが直接学校や就労先を訪問し、障碍の特性や状況、就業適性に関する助言を行い、また、作業工程や環境の調整などをサポートします。

<普及啓発・研修>

 発達障碍をより多くの人に理解してもらうため、地域住民向けの講演会を開催したり、発達障碍の特性や対応方法について解説したわかりやすいパンフレット、チラシなどを作成しています。

 そうしたパンフレットやチラシを保健、医療、福祉、教育、労働だけでなく、交通、消防、警察などの公共機関や一般企業などに配布し、社会全体がそれぞれに認知を広め、適切な対応ができるよう環境形成も使命の一旦だと認識しています。

 普段から、発達障碍を支援する保健、医療、福祉、教育、労働などの関係機関の職員や、都道府県及び市町村の行政職員などを対象にさまざまな研修を行うことで、より具体的に、現代社会の中における発達障碍に対応するあり方を確認し、お互いに分かり合える社会を目指して行動しています。

 支援は全国を網羅しているので、『発達障碍情報・支援センター』のwebサイトなどで身近な支援センターを検索し、身近な存在として多くの方に利用して頂けるよう、開かれた組織を目指しています。

 こういうときにはどうしたらいいか、これをしたいけれどサポートは受けられるかなど、素朴な疑問が生まれたら、是非、『発達障碍情報・支援センター』に相談されることをおすすめします。

※参考資料:
『発達障碍情報・支援センター』
http://www.rehab.go.jp/ddis/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする