2015年を目指して!『NPO法人 ゆうきのつばさ』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年を目指して!『NPO法人 ゆうきのつばさ』

 障碍の有無などに関わらず、すべての人たちがその人らしく、活き活きと命を輝かせて生きることができる、そんな「包み込む社会」の創造を目指しているのが、『NPO法人 ゆうきのつばさ』です。

 『NPO法人 ゆうきのつばさ』は、NPO法人 勇気の翼 インクルージョン 2015 理事長 細川佳代子さんが代表をつとめる団体です。

 細川佳代子さんは、元総理大臣である細川護煕の奥様としても有名で、パラリンピックをはじめ、障碍に関する映画製作など、さまざまな社会福祉や社会貢献活動に参加されています。

 細川さんが代表を務める「勇気の翼 インクルージョン 2015」では、「包み込む社会」の創造のために、障碍者理解の「教育」と「就労支援」を二つの柱にした活動を展開しています。

 行政、大学、企業、NPO法人、学校、地域住民間に協力と情報のネットワークを構築し、「点」で存在している全国の素晴らしい活動を「線」に、さらには相互協力の輪を広めることで、「線」から「面」への大きなムーブメントをおこしたいと考えています。

 明確な目標を掲げ、絶対にやり遂げる強い意志を持ち、挑戦するたくさんの力を全国から集め重ねることで、夢は実現できると信じ、さまざまな活動に取り組んでいます。

 『NPO法人 ゆうきのつばさ』は、誰もが「生まれてきて良かった」「皆が大切な存在」と認めあう社会を2015年までに創造することを目標としています。

Photo by KLSHENAO

 教育事業としては、障碍者理解・人権尊重・共生理念等に係る講演会やイベント等の開催、インクルージョン社会の創造を目的とした教材・資料等の制作を行っています。

 障碍者の就労支援事業としては、障碍をお持ちの方の就労に係る情報収集及び情報提供や、障碍をお持ちの方の就労支援につながるイベント等の支援をしています。

 情報収集・提供及び、普及啓発に係る事業としては、ホームページを開設・運営することや、WEB等による情報提供とその普及啓発、関連団体・企業・ボランティア等のネットワーク創造などを行っています。

 シンクタンク的事業としては、行政等に対する情報提供と政策提言などのとりまとめをしています。

 助成事業の中には、先進的活動団体及び、個人への助成、趣旨等を共有するイベント等への助成を行うなど、映画製作に関してさまざまな貢献を行い、定期的な製作を継続しています。

 『勇気の翼インクルージョン2015』では、「障碍」に対する偏見や差別、マイナスイメージや無関心、そういった人々の意識を変えるために、頭も心も柔軟な子どもの頃からの「教育」が大切だと考えています。

 まずは、障碍をお持ちの方々と交流をして触れあい、友達になります。

 このような経験ができる教育環境は、学齢期の子どもたち自身の人間力を高め、個々の違いを認めあい、豊かな心を育てることにつながるのではないと考えます。

 最近になって、障碍をお持ちの方との交流プログラムをさまざまな形で取り入れてくださる学校が 少しずつ増えてきました。

 『勇気の翼インクルージョン2015』は、日本中にこのような動きが広がることが、やさしさ溢れる思いやりのある社会の実現への近道ではないかと考え、日々、多くの仲間たちと取り組んでいます。

 『勇気の翼インクルージョン2015』の活動に、これからも注目していきたいと思います。

※参考資料:
『ゆうきのつばさ』
http://www.yuukinotsubasa.com/index.html
ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする