華麗に舞う!『NPO法人 日本車いすダンススポーツ連盟』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

華麗に舞う!『NPO法人 日本車いすダンススポーツ連盟』

 『特定非営利活動法人 日本車いすダンススポーツ連盟(JWDSF:Japan Wheelchair Dance Sports Federation)』とは、車いすダンスが障碍をお持ちの方のスポーツとしてのリハビリテーション効果を追求して、高齢化社会での老人のスポーツとして、また楽しみとして、障碍者、健常者の境を外し、真のノーマライゼーションを確立させられる運動に発展して行くことを目的に設立された特定非営利活動法人です。

 車いすダンスは、イギリスで約60年前に車いす同士で踊るデュオ方式として発足しました。その後、ドイツのミュンヘン工科大学のゲートルート・クロムフォルツ教授が、健常者と障碍をお持ちの方が、一緒に踊るコンビスタイルを考案し、その後、普及させたものです。

 車いすに乗っている方と、健常者とがペアを組んで、社交ダンス(ボールルームダンス)や、レクレーションとしてのダンスを踊ります。

 車いすに乗っている方をウィルチェア・ドライバー(Wheelchair Driver)といい、立ち役の健常者をスタンディング・パートナー(Standing Partner)と呼びます。

 日本では、日本ボールルームダンス連盟の四本信子さん、現日本車いすダンススポーツ連盟理事長が、1991年、オランダ・ドイツに留学し、現地で習得して伝え、1992年、日本車いすダンス研究会が発足しました。

 老若男女を問わず、広く親しまれている社交ダンス(ボールルームダンス)と同様に、スタンダード5種目(ワルツ、タンゴ、スローフォックストロット、ウィンナーワルツ、クイックステップ)、ラテンアメリカン5種目(ルンバ、サンバ、チャチャチャ、パソドブレ、ジャイブ)の計10種目で踊ることができるものです。

Photo by 316th ESC

 車いすダンススポーツは、1997年、シドニーで開催された国際パラリンピック委員会、スポーツ競技会、実行委員会において、コンビスタイルでの車いすダンスを、パラリンピック冬季プログラム種目として決定されました。

 世界的には、国際パラリンピック委員会の直属の組織として登録されており、ヨーロッパ地域で行われる世界選手権大会や、ヨーロッパ選手権大会なども開催されています。

 また、1998年には国際パラリンピック委員会公認の初の世界選手権が、幕張メッセで開催され、長野パラリンピック開会式にも、全国から60組が参加しています。

 2014年のアジアパラリンピックの正式種目としても承認されました。

 こうした競技に参加するだけでなく、車いすダンスを通じて、物理的なバリアフリー、心のバリアフリー等、社会に対してさまざまなアピールをすることも、『NPO法人 日本車いすダンススポーツ連盟』における大きな目標の1つです。

 世界戦選手権を日本で開催する事に意義が有るのではなく、世界戦選手権を開催した事でどのように人々の心が変わったか、どのように社会が変化したか、これこそが大きな意義です。

 車いすダンスが開催された各地域をはじめ、多くの市町村では、公共施設・ホテル等の施設において、さまざまな改善が進められました。

 障碍者対応室や障碍者用化粧室の新規設営も進み、自治体では、これらにかかる修繕、改築費用の助成制度等も予算化するなどの取り組みも行われています。

 こうした種々の大会が、社会的に意義のある事は、『NPO法人 日本車いすダンススポーツ連盟』の活動を通じて確信されています。

 21世紀の新たなグローバル社会に向け、車いすダンスを通じ、障碍者や高齢者に対する認識を広め、誰にも優しい環境を創造する事により、人としての生きがい・ふれあい・生きる喜びを実感できるような社会造りを推進します。

 「楽しく踊る事により、生きる喜びを得る」

 この理念は単に障碍者と健常者を結ぶだけではなく、人種を超え、国境を越えた、卓越したグローバル社会を構築し、真のNPOとして国際社会に貢献できると信じ、『日本車いすダンススポーツ連盟』の20年の軌跡を通じ、理念の向こうに未来への道が続いています。

 華やかに彩られる車いすダンス、応援にいってみたいですね。

※参考資料:
『NPO法人 日本車いすダンススポーツ連盟』
http://jwdsf.official.jp/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする