『障碍者トライアル雇用奨励金』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『障碍者トライアル雇用奨励金』

 『障碍者トライアル雇用奨励金』をご存知ですか。

 『障碍者トライアル雇用奨励金』とは、障碍をお持ちの方の雇入れ経験がない事業主等が、就職が困難な障碍者を、ハローワークの紹介により、一定期間試行雇用を行う場合に助成するものです。

 障碍をお持ちの方の雇用に対する不安感等を除去し、以後の障碍者雇用に取り組むきっかけ作りや就職を促進することを目的としています。

 『障碍者トライアル雇用奨励金』を受給するためには、次の要件のいずれも満たすことが必要です。

・現在、障碍をお持ちの方を雇用しておらず、障碍者雇用に関するノウハウが乏しい事業所の事業主であること。

・また、就職が困難な障碍をお持ちの方を受け入れることについての不安感等を除去し、以後の雇用に取り組むきっかけ作りを進めるためにトライアル雇用を行うことが効果的であると認められる事業主であること。

・就職が困難な障碍をお持ちの方を、ハローワークの紹介により雇い入れ、原則3ヶ月間のトライアル雇用をすること。

 また、障碍をお持ちの方の雇入れについて、不安感等を有する事業主が、下記に定める対象者に対して、トライアル雇用を実施することは可能です。

 ただし、その場合は、『障碍者トライアル雇用奨励金』は支給されません。

 トライアル雇用終了後に常用雇用に移行した場合、『特定求職者雇用開発助成金』の支給対象となる可能性があります。

・現在、障碍をお持ちの方を雇用しているものの、障碍者雇用に関するノウハウが乏しいとハローワークが判断する事業所に係る事業主

・過去に障碍者の雇入れ経験があり、障碍者雇用のノウハウが十分であるとハローワークが判断する事業所に係る事業主が、特に就職が困難であるとハローワークが判断する者または当該事業所で、同一職種での雇い入れ経験がない障碍種別・障碍部位別の障碍者について、トライアル雇用を実施する場合

 また、上記以外にも、雇用関係助成金共通の要件 など、いくつかの支給要件がありますので、詳しくは都道府県自治体や厚生労働省のホームページに記載されているお問い合わせ先までご確認ください。

Photo by Canadian Film Centre

 支給額は、支給対象者1人につき、月額最大4万円(最長3か月間)が設定されています。

 『障碍者トライアル雇用奨励金』以外にも、『障碍者短時間トライアル雇用奨励金』が存在します。

 『障碍者短時間トライアル雇用奨励金』は、直ちに週20時間以上勤務することが難しい精神障碍をお持ちの方、および、発達障碍者の求職者について設定されているものです。

 3か月から12か月の期間をかけながら、常用雇用への移行を目指して試行雇用を行う場合に助成するものです。

 精神障碍をお持ちの方、および、事業主の相互理解を促進し雇用機会の確保を促進することを目的としています。

 『障碍者トライアル雇用奨励金』や『障碍者短時間トライアル雇用奨励金』をうまく活用して、多くの方が仕事に参加できる社会の構築に役立てたいですね。

※参考資料:
『障碍者トライアル雇用奨励金』
http://www.mhlw.go.jp/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする